タガメのしゅりょう方法は?

タガメ
タガメ
  • 科目: カメムシ目コオイムシ科
  • 体長: 約48~65mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬ごし:成虫
  • 漢字: 田亀
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼのハンター

シュノーケルと偽装 (ぎそう) 工作

タガメは肉食でヤゴやドジョウ、オタマジャクシ、ときにはカエルをつかまえて食べるほど獰猛 (どうもう) です。そのしゅりょう方法は、待ちぶせです。稲 (いね) やうき草に、頭を下にしてつかまり、え物が前を通るのじっと待ちます。こきゅうはおしりについたこきゅう管を水上に出して空気をとり入れるシュノーケル方式でしています。そのために、水面に上がる必要がなく、いつまでも待っていることができるというわけです。また、水草や落ち葉に体をにさせるという偽装 (ぎそう) 工作までしています。発達したふくがんを持ち、目でえ物を見つけるようです。え物が通りかかると、するどいカマのような前足でつかまえ、どんなにあばれても、はなしません。針 (はり) のようにとがった口をつきさして、え物をまひさせるえき体を注入し、体えきを吸いとります。

タガメ

タガメは田んぼに住むカメムシという意みです。水せいこん虫のなかでも最強と言え、魚やカエルなどの大きな生き物もおそいます。水がきれいで、また日光をきらうのでざっ草が多くある田んぼを好みます。夜行性で、日中は水底に積もっている落ち葉や水草などの間にかくれていて、夜になるとえ物を求めて活動をはじめます。

タガメのメスは、5月から7月にかけて、水面から10〜15cmぐらいつき出ている杭 (くい) や木のえだ、水草のくきなどにたくさんの卵 (たまご) を数回に分けて産みます。数回に分けるのは、オスに父親の自かくを持たせるためだそうです。そして、産卵 (さんらん) が終わるとメスはその場を去ります。卵がふ化するまでは、オスが卵におおいかぶさって守ります。また、ときどき水に入って体をぬらしたり、ストローのような口を卵のすき間にさしこんで水を出し、卵がかわかないようにします。卵はおよそ10日間でふ化します。幼虫 (ようちゅう) はすぐ水中に入り、成虫と同じ獰猛 (どうもう) さを発きして、小さな生き物をとらえて体えきをすって成長していきます。

ふだんはあまり飛びませんが、えさが少なくなったり、水がよごれたりすると空へ飛び立ち、他の場所へい動します。そのきょりは、100kmぐらいになる場合もあるそうです。すごいですね。

スズメがしゃべれるってほんと?

デンキウナギは何ボルト出せるの?