モンシロチョウのはねは、オスとメスで色がちがうってほんと?

モンシロチョウ
モンシロチョウ
  • 科目: 鱗翅 (リンシ) 目[チョウ目]シロチョウ科
  • 体長: 約55mm
  • 成体を見ることができる時期: 3月~11月
  • 冬ごし:サナギ
  • 漢字: 紋白蝶
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの青空ダンサー

本当です

本当ですが、人間にはほとんど区別がつきません。しかし、モンシロチョウはこれを見分けることができます。その秘密 (ひみつ) は、モンシロチョウには人間には見えない紫外線 (しがいせん) が見えるからです。モンシロチョウのメスのはねは、紫外線を反しゃしますが、オスのはねは紫外線をきゅうしゅうします。モンシロチョウの目には、メスは明るく光って見えて、オスはくすんだ色に見えているようです。これで見分けています。この写真は紫外線を見分ける特別な機械を使って写したもので、左がメス、右がオスです。

モンシロチョウ

モンシロチョウの幼虫 (ようちゅう) であるアオムシのえさは、アブラナ科のキャベツ・ダイコン・ブロッコリー・カリフラワーなどで、畑では野菜の害虫としてきらわれていますが、稲 (いね) には関心がなく、田んぼには遊びにきているだけです。そのひらひらと飛ぶようすが、とてもかわいく見えて、ほっとします。クモやカマキリや鳥に食べられないように気をつけながら、ストローのような口で花のみつをすいます。この口はくるくるまいていて、あのおなじみの、ふえのおもちゃみたいな形になっています。

メスは、幼虫 (ようちゅう) のえさになるアブラナ科の植物の葉の表に1こずつ卵 (たまご) を産みつけます。卵は1週間ほどでふ化してアオムシになります。アオムシはまず、白い卵のからを食べます。これは敵 (てき) に見つかるのをふせぐためと言われています。3回ほどだっ皮して、約1ヶ月でサナギになります。それから約10日後、サナギのせ中がわれてゆっくりと、ダンサーが身を起こすようにモンシロチョウがあらわれます。成虫での平きんじゅ命はおよそ1週間です。秋になって日が短くなると、休みんサナギという冬みん用のサナギになって冬をこします。

モンシロチョウが最も好きな花の色はむらさき色で、次いで黄色、青色だと言われています。赤い花にはほとんどとまりません。モンシロチョウには赤い色は見えませんから、赤い花にとまっている場合は、おしべやめしべの色がめあてのようです。紫外線が見えることと関係があるのかもしれません。

メダカのむれは、どうしておたがいにぶつからないの?

すがたを見せず田んぼを守る、君はいったいだれなんだ?