ナマズは地しんを予知できるってほんと?

ナマズ
ナマズ
  • 科目: ナマズ目ナマズ科
  • 体長: 約600mm
  • 成体を見ることができる時期: 一年中
  • 冬ごし:成体
  • 漢字: 鯰
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの地しんセンサー

おそらく、できます

大きな地しんが起こる前に、川のナマズがいじょうな行動をしたという言い伝えはたくさん残されています。土にぴったりとくっついて生きているので、地しんの弱いゆれでも、いち早くキャッチしているのでしょう。また、地しんのときに電磁波 (でんじは) が出るという説もあり、ナマズは電気にびん感ですから、それを感じとっているのではないかとも考えられています。ただし、まだ科学的に正しいということはしょう明されていません。

ナマズだけではなくミミズやヘビなど土の中にいる生き物や地面をはっている生き物も、地しんを予知すると言われています。

ナマズ

ナマズもドジョウやウナギと同じく、田んぼでとれる大切な食料でした。60cmにも達する大きなオタマジャクシのような体に大きな口、立ぱなヒゲを生やしたユーモラスなすがたです。

夜行性で、昼間はものかげにかくれていますが、夜になると出てきて小魚やエビ、カエル、ザリガニなどをつかまえて丸のみにします。魚やカエルの小さな動き感じて静かに近づき、一気に丸のみです。えさを丸のみにするために、大きな頭、大きな口になったようです。ナマズの歯は約500本、内側に向いていて、えさをにがしにくくなっています。

産卵 (さんらん) は5〜6月ごろ、川のし流や田んぼの用水路などの浅い場所で行われます。ナマズは約5mmの小さな卵 (たまご) を1万〜10万こぐらい産みます。卵が小さいため、魚に食べられないように、わざわざ田んぼなどの浅い場所にやってきて産卵するようになったそうです。

ナマズの口ヒゲは、よう魚のときが6本で、成長すると4本にへります。なまずの口ヒゲは触毛 (しょくもう) と言って、えさをえらんだり、敵 (てき) との距離 (きょり) をはかったりしています。

トンボのふくがんは上下左右前後すべて見えているってほんと?

ホタルと交信してみよう!