トンボのふくがんは上下左右前後すべて見えているってほんと?

アキアカネ
アキアカネ
  • 科目: トンボ目トンボ科
  • 体長: 約21~40mm
  • 成体を見ることができる時期: 7月~10月
  • 冬ごし:卵
  • 漢字: 蜻蛉
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼのジェット機

ほとんど本当です

トンボのふくがんを虫めがねで見ると、まるでハチのすのような小さな目がたくさん集まってできていることがわかります。この小さな目を、こ眼といいます。その数は1万から3万こぐらいにもなります。このたくさんの目で、ほとんど周りが見えていると言われています。上の方の目は遠く、下の方の目は近くが見えると言われています。トンボは太陽を目印に飛んでいるようで、上の目はつねに太陽を見ています。下の目は、えさをさがしています。遠くで動いた虫も見のがさない千里眼 (せんりがん) で、40m先のこん虫も見分けます。

田んぼで生まれて、田んぼで飛ぶから「飛ぶ田んぼ」、それが変化してトンボになったように、トンボは田んぼとなじみ深い生き物です。アキアカネは田んぼに水が入ると卵 (たまご) がふ化して幼虫 (ようちゅう) のヤゴとなります。ヤゴは水中で成長し、稲 (いね) が大きく育った夏の初めの早朝、稲のくきにつかまって、う化してトンボになります。トンボになると、夏の暑い間は、暑さをさけて山の上ですごします。30度をこえる暑さには、たえられないようです。そして、秋に稲穂が (いなほ) がたれるころになると、田んぼにもどってきて産卵 (さんらん) します。このころはオレンジ色で、秋が深まるとともに赤くなり、赤トンボとなります。田んぼの一年に合わせてうまく生活しています。

アキアカネ

速度ゼロのじょうたいから速いスピードまで、自由自ざいに飛び回り、ハエやカなどを飛行中につかまえて食べます。ときにはあみで待ちぶせているクモまで食べます。もちろん、害虫ウンカも食べる強いみ方です。強いあごでよくかんで食べます。

トンボは世界に約5000種が生そくし、日本にはおよそ200種類が生そくしています。日本はトンボの宝庫 (ほうこ) です。日本のことを「秋津島瑞穂の国 (あきつしまみずほのくに) 」と言うことがあります。この秋津とは赤トンボのことで「トンボのほうふな島で、みずみずしい稲穂 (いなほ) の国」という意みです。赤トンボは日本で稲作 (いなさく) がひろがるにつれて、田んぼとともにふえたのかもしれません。

ドジョウは魚なのに空気こきゅうしているってほんと?

ナマズは地しんを予知できるってほんと?