ゲンゴロウはどうして水中でこきゅうできるの?

シマゲンゴロウ
シマゲンゴロウ
  • 科目: 甲虫 (コウチュウ) 目ゲンゴロウ科
  • 体長: 約14~15mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬ごし:成虫
  • 漢字: 縞源五郎
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの快速艇 (かいそくてい)

空気タンク方式です

水生こん虫が水中でこきゅうする方法には、空気タンク方式とシュノーケル方式の2種類があります。ゲンゴロウは空気タンク方式で、はねと腹の間に空気をためておき、おしりに空気のあわをつけて、これを通して水中のさん素をはねの下の空気にとりこみます。息をするあな (気門=きもん) は腹のせ中側に開いています。

タガメはシュノーケル方式で、おしりにシュノーケルのようなこきゅうのためのくだがあり、これを水面につき出して空気をすっています。水中を泳ぎまわってえ物をとるゲンゴロウとちがって、待ちぶせ方式のタガメらしいです。

シマゲンゴロウ

源五郎 (げんごろう) ってなんだか、人間の名前のようですね。きれいな水を好み、大食いで、死んだ魚なども食べるので、田んぼではそうじ名人ともよばれています。

ゲンゴロウのメスは、水草のくきをかじってあなを開け、そこに産卵 (さんらん) します。卵 (たまご) は約2週間でふ化します。幼虫 (ようちゅう) もやはり肉食です。というか、幼虫 (ようちゅう) のほうが成虫よりも獰猛 (どうもう) で、こん虫、オタマジャクシ、メダカなどをとらえて食べます。大きなきばでえ物にかみついて、きばにあるくだから消化えきを流しこみ、肉をとかしてすいとります。クモと同じ方式ですね。2度だっ皮してから陸に上がり、土の中に部屋 (へや) を作ってサナギになります。それから約2週間後に、う化して成虫になります。

においにびん感で、え物のにおいを感じると、この流線型の体型をいかしたハイスピードで急せっ近して、おおきなきばでかみつきます。まるで、快速艇 (かいそくてい) です。

クモは、はねがないのに空を飛ぶってほんと?

ザリガニのカルシウムリサイクルじゅつってどうやるの?