デンキウナギは何ボルト出せるの?

ウナギ
ウナギ
  • 科目: ウナギ目ウナギ科
  • 体長: 約600~800mm
  • 成体を見ることができる時期: 一年中
  • 冬ごし:成体
  • 漢字: 鰻
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの健康スタミナ食品

370~550ボルトです

370〜550ボルトです

デンキウナギは名前の通り、体の中で電気を作ることができます。小さい電気は約20〜30ボルトぐらいと言われており、周りをさぐるレーダーや、他のウナギとのコミュニケーションの役目をしていると言われています。

ウナギ

大きな電気は370ボルトから550ボルトぐらいと言われており、えさとなる魚などをしびれさせて、とっているようです。日本の田んぼにはデンキウナギはいません。

昔は田んぼにたくさんのウナギがいたそうです。ウナギは、えさとなるカエルやオタマジャクシを食べるために田んぼにやってきていました。そして、人間はそのウナギをとらえて食べていました。

ウナギには、人間にとって栄養となるものがたくさんふくまれています。たとえば、「夏やせによしといふものぞむなぎ (うなぎ) とりめせ」 (夏やせしているのならウナギを食べて下さい) と万葉集によまれているように、1000年以上も前からスタミナ食品として有名でした。「本日土用丑 (どよううし) 」という、きゅうれき8月のはじめの土用の丑 (うし) の日に、夏ばて対さくにうなぎを食べよう!というキャンペーンは江戸時代の科学者・平賀源内 (ひらがげんない) が考えたとされています。

ウナギは、たん水で生活していますが、7〜8年をすぎると川を下って海に出て産卵 (さんらん) します。この産卵場は外国のマリアナ諸島 (しょとう) 付近の海中とも言われていますが、まだ正かくには分かっていないようです。卵 (たまご) がふ化すると黒しおにのって、12月〜4月ごろに日本にたどり着き、川をさかのぼって、田んぼにやってきます。ときには水から出て陸の上をはってい動することもあります。水中ではエラこきゅうですが、水から出た場合は皮ふこきゅうにかえることができます。たきやダムのかべも登れます。これを昔から「ウナギ登り」といいます。すごいパワーの持ち主なんですね。

タガメのしゅりょう方法は?

ドジョウは魚なのに空気こきゅうしているってほんと?