ホタルと交信してみよう!

ヘイケボタル
ヘイケボタル
  • 科目: 甲虫 (コウチュウ) 目ホタル科
  • 体長: 約7~10mm
  • 成体を見ることができる時期: 5月~9月
  • 冬ごし:幼虫 (ようちゅう)
  • 漢字: 平家蛍
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼのイルミネーション

光り方のパターンをつかもう

ホタルは腹部に光を出すための発光器があり、物質の化学反応によって光っています。光はホタルの言葉となっています。メスは葉などにとまってじっと光って、オスに自分のいる場所を教えます。オスはふわふわ飛んでメスをさがしています。

ホタルはくさいにおいがします。「光る虫はくさい」と鳥にきらわれようとしているのではないかとも言われています。ホタルは卵 (たまご) も幼虫 (ようちゅう) も光りますから、光る目的は本当はこちらで、それを交信に利用しているのではないかとも考えられています。

メスはゆっくりで、オスはスピードが早い光り方をします。これを知っていれば、ペンライトなどで合図をすれば応答 (おうとう) してくれるかもしれませんね。

ヘイケボタル

ヘイケボタルは田んぼを住みかにしています。卵も幼虫も光ります。夏の夜に田んぼの水中で光っているのがヘイケボタルの幼虫です。成虫になるとふわふわと飛びながら光のショーを見せてくれます。

メスは約500この卵を産みます。卵も青白い光をはなっています。卵は約1ヵ月でふ化し、ヒメタニシなどの貝類をつかまえて食べます。幼虫で冬ごしをして、次の年の6月ごろに岸に上がって、土の中でサナギになります。そして5月から7月ごろにかけてだっ皮し、飛び立ちます。成虫してからのじゅ命は2週間てい度です。

田んぼや池に住んでいるのは、おもにヘイケボタルです。ゲンジボタルは清流を好みます。点めつ回数はヘイケボタルで1分間に約80回、ゲンジボタルで1分間に約20回です。見分け方は、ヘイケボタルの方が小さいこと。そして、ヘイケボタルのせ中には、たてに一すじの線があり、ゲンジボタルのせ中には十文字のもようがあります。多くのホタルは一生陸上で生活します。ゲンジボタルやヘイケボタルは、幼虫の時代を水中ですごすという、世界的にもめずらしいホタルです。

ナマズは地しんを予知できるってほんと?

マムシはどうして真っ暗やみでも見えるの?