ドジョウは魚なのに空気こきゅうしているってほんと?

ドジョウ
ドジョウ
  • 科目: コイ目ドジョウ科
  • 体長: 約150mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~9月
  • 冬ごし:成体 (冬みん)
  • 漢字: 泥鰌
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼのそうじ名人

じつは、ちがいます

ドジョウは、水面に出るあわをさがせば見つけることができます。ドジョウは水面まで上がって、口から空気をすいこみ、おしりからぽこぽこ出します。これが、長い間、ドジョウが空気こきゅうしていることと考えられてきました。しかし、本当はこの空気を利用して、腸のなかをそうじしているようです。皮ふこきゅうができるので、冬の寒いときは、どろにもぐって冬みんすることができます。写真のドジョウは田んぼで産卵 (さんらん) 中です。とてもめずらしい写真です。

ドジョウ

体長は15cmぐらいで、田んぼの底のどろのなかに住んでいます。カブトエビと同じくどろをかき回してざっ草の生育をじゃましたり、稲 (いね) の根に空気を送りこんだりと、米作りを手伝っています。藻 (も) や赤虫、小動物まで食べるざっ食性で、田んぼのそうじ名人でもあります。ユーモラスなドジョウの10本のヒゲは、えさをさがすときのセンサーとして働いています。

昔からドジョウは、人間の食べ物でした。みそしるに入れたドジョウじるや、かば焼き、やな川なべ、バター焼き、からあげ、茶わんむしなどさまざまな料理があります。

さまざまな歌にユーモラスに登場するドジョウは、米作りをする人にとって、とても親しみを感じる生き物だったようです。

デンキウナギは何ボルト出せるの?

トンボのふくがんは上下左右前後すべて見えているってほんと?