カブトエビはなぜ2億年も同じすがたなの?

アメリカカブトエビ
アメリカカブトエビ
  • 科目: 背甲 (ハイコウ) 目カブトエビ科
  • 体長: 約20~30mm
  • 成体を見ることができる時期: 6月~8月
  • 冬ごし:卵 (たまご)
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの草とり名人

卵 (たまご) が強い

アメリカカブトエビは、元々は北アメリカの砂漠 (さばく) が故郷 (ふるさと) だと言われています。いつ水たまりができるかわからない砂漠で生きのびるために、卵がとても強くなったのでしょう。暑さや寒さや乾燥 (かんそう) にたえられる卵を一ぴきで1000こ以上も産みます。日本の田んぼでも、水があって水温が20度ぐらいにならないとふ化しません。カブトエビの命は短く、産卵 (さんらん) を終えると約1ヶ月という短い一生を終えます。つまり、1年のうち11ヶ月を卵ですごしているわけです。

アメリカカブトエビ

田植えが終わった6月ごろになると、田んぼには卵からかえったカブトエビが元気に登場します。カブトエビはヒレでどろをかき回して、ざっ草の芽を引きぬいてくれます。また、水をにごらせて太陽の光をさえぎり、ざっ草が育ちにくくなるようにします。おまけに、どろをかき回すことで稲 (いね) の根に空気を送り、根も元気にします。田んぼでは、とてもいい生き物です。この虫をわざわざ田んぼに入れて、草とりをさせているところがあるほどです。

カブトエビは40数対の足をたえず動かして、どろをかき分けたり、はい回ったり、どろにうまったりしながら、小さな生き物を食べています。また、水草やコケ、魚の死がいなど、なんでも食べるようです。1ヶ月という短い一生のうちにも、だっ皮をくり返して3cmくらいまで成長します。

カブトエビは、古生代末期というずっと古い時代から生き続けてきました。祖先 (そせん) は2億年以上前の三葉虫 (さんようちゅう) と言われています。まさに、生きている化石ですね。

カエルの天気予ほう、どうしたら教えてもらえるの?

カメは1万年も生きられるの?