アメンボはどうして水の上を歩けるの?

アメンボ
アメンボ
  • 科目: カメムシ目アメンボ科
  • 体長: 種類によって約3~30mm
  • 成虫を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬ごし: 成虫
  • 漢字: 飴棒
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼのスケーター

その秘密 (ひみつ) はアメンボの軽い体と足の仕組み

アメンボはとても軽くて、たった40mgぐらいしかありません。1gの1000分の1が1mgですから、アメンボが25ひき集まってやっと1gです。そして、中足と後足の先には水にぬれにくい毛がたくさんはえています。この細かい毛は、体内からしみ出してくる油によって水をはじきます。体の軽さと、この水をはじく力の強さで浮いていることができるのです。

アメンボをつまんで鼻先でにおいをかいでみると飴 (あめ) のようなにおいがし、体つきが棒 (ぼう) のようなので飴棒と名づけられました。

アメンボ

アメンボは稲 (いね) をからす害虫ウンカをたい治してくれるえき虫です。ウンカの幼虫 (ようちゅう) などが水面に落ちると、その波もんを足先で感じとってスイスイと近より、針 (はり) のような口を差しこんで体えきをすいます。小さなえだで水面に細かい波を立てると、え物と間ちがえて近づいてきます。

4本足のように見えますが、本当は6本足です。水面を進むときは、一番長い中足をオールのように使い、後ろ足をかじのように使って方向を決めます。え物をとらえるときには前足を使います。カマのようになっていて、ボクサーのようにかまえ、水に落ちて来たこん虫をとらえます。

春になると、水にもぐって水草のくきに卵 (たまご) を産みます。約10日でふ化して、幼虫 (ようちゅう) はすぐに水面に上がってきます。冬の間は水辺からはなれて、落ち葉の下などで冬をこします。

流れの水面でも同じ場所でじっとしています。これは、け色を見て自分の場所を決めているという説があります。また、前足をふるわせて、水面に波もんをつくって交信します。はねが発達する場合があって、水たまりなどにも飛んできます。

田んぼのギャング

カエルの天気予ほう、どうしたら教えてもらえるの?