スズメがしゃべれるってほんと?

スズメ
スズメ
  • 科目: スズメ目ハタオリドリ科
  • 体長: 約140mm
  • 成体を見ることができる時期: 一年中
  • 冬ごし:成鳥
  • 漢字: 雀
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの宿敵 (しゅくてき)

半分、本当です

ケガをしたスズメをほごすると、オウムや九官鳥と同じように人間のおしゃべりをまねします。まねをしているだけで、本当の意みでしゃべっているわけではありませんが、かなりはっきりと発音することができます。

スズメのひなが落ちていても、ケガをしていなければ、上手に飛べなかったからなので心配することはありません。こういうひなを見つけたら、拾って帰らないで、ねこにとられないように、高いえだに止まらせてあげましょう。近くで心配している親鳥に返すのが一番です。スズメの卵 (たまご) をとることや、ひなをとることは、法りつで禁止されています。

スズメ

スズメは、お米を食べる害鳥として有名です。人間とスズメの関係は稲作 (いなさく) の開始とともにはじまったのでしょう。こく物の好きなスズメが、人間の米作りを見のがすはずがありません。人間はスズメをおいはらうために案山子 (かかし) 、鳴子 (なるこ) 、反しゃテープ、鳥おいのぎ式などを行ってきました。しかし、スズメは田んぼのざっ草の種子も食べますし、春から夏にかけては害虫をたくさん食べて、それによって米のとれ高もふえているという面もあるので、最近はちょっと見直されています。

スズメは産卵 (さんらん) をはじめると、毎日1こずつ、4こから6こぐらい卵 (たまご) を産みます。その後、オスとメスが交代で卵を温めます。卵は12日ぐらいでふ化し、それから約2週間で飛びはじめ、す立っていきます。じゅ命は2〜3年と言われています。

スズメは主に人家の屋根の下に、すを作ります。日本ではスズメは人が住んでいる場所で見かけることが多いようです。人間が作るこく物をえさにしているのも理由の一つでしょう。

ザリガニのカルシウムリサイクルじゅつってどうやるの?

タガメのしゅりょう方法は?