カメは1万年も生きられるの?

クサガメ
クサガメ
  • 科目: カメ目クサガメ科
  • 体長: 約100~250mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~11月
  • 冬ごし:成体 (冬みん)
  • 漢字: 臭亀
  • 田んぼでのニックネーム:田んぼの長老

残念ながら、無理です

カメはよく万年と言われますが、1万年は無理です。一番長生きすると言われているリクガメで200年生きたという記録があるそうです。たん水性のカメのじゅ命は30〜40年ぐらいと考えられています。甲羅 (こうら) がかたくてしっかりしているから、いかにも長生きに思えたんでしょうね。「ツルは千年、カメは万年」というのは、中国の伝説から出た言葉です。日本でもカメは、えんぎの良い生き物とみなされてきました。

クサガメ

肉食もするざっ食のクサガメは、オタマジャクシやカエル、ボウフラ、ミミズ、水草などを食べるために田んぼにやってきます。動きの早い魚は、つかまえることができませんが、弱った魚や死がいは食べます。つまり、カメにとっては田んぼはレストランとなっています。口のように見えるのは嘴 (くちばし) で、歯はありません。そのかわりに上下のあごがかたくなっていて、あごで食べ物をかんで、足でおさえてちぎって食べます。

クサガメは、春から夏にかけてしめった地中に卵 (たまご) を産みます。夏の暑い日差しが卵を温め、2カ月ぐらいでふ化します。子ガメはそのまま冬みんに入り、次の春になると地中からはい出してきます。この子ガメを上から見ると、昔のお金である小判 (こばん) のような形をしているので、イシガメの子どもと同じくゼニガメとよばれています。甲羅 (こうら) に必要な栄養を作るために、日なたぼっこをしています。11月ごろになるとかれ葉やどろのなかにもぐりこみ、春がくるまで冬みんします。

2億年以上前、カメはすでにかたい甲羅を持っていました。この甲羅に守られているので、ほとんどすがたを変えることなく生きのびてきました。クサガメは、身にきけんがせまると四つの足の付け根からくさいえき体を出すため、クサガメと名付けられたようです。

イソップ物語の「ウサギとカメ」のお話のように、のんきでのろまな感じですが、本当は神けいしつでびん感なようです。記憶力がいいので、飼育 (しいく) するとなつきます。

カブトエビはなぜ2億年も同じすがたなの?

クモは、はねがないのに空を飛ぶってほんと?