マムシはどうして真っ暗やみでも見えるの?

ニホンマムシ
ニホンマムシ
  • 科目: トカゲ目クサリヘビ科
  • 体長: 約450~600mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬ごし:成体 (冬みん)
  • 田んぼでのニックネーム:見つけたら、すばやくはなれよう

写真提供: (財) 日本蛇族学術研究所

赤外線センサーです

マムシは、暗やみでもカエルなどのえ物をとらえることができます。これは、動物から出ている赤外線というものを感じとって、その場所を知ることができるからです。つまりマムシは、温度を感知するセンサーを持っているということになります。この写真の目の右側にある白い部分がセンサーとなっています。周囲の温度とわずか0.5度の温度の差でも感知します。これが赤外線を見る目と言われています。

このマムシの仕組みをヒントにして感温火災報知器 (かさいほうちき) などが発明されました。

ニホンマムシ

田んぼではマムシには、ぜっ対に気をつけましょう。毒蛇 (どくへび) の中でも、人を殺してしまうほどの猛毒 (もうどく) を持っているヘビは50種類ほどしかいません。マムシはそのうちの1種類で、とてもきけんな生き物です。マムシは水辺が好きで、カエルを食べに、田んぼの近くにはよく出てきます。とぐろをまいていてもきけんなことにかわりはなく、その体せいからジャンプして飛びかかってくることがあります。なわばりを持たず、つねにい動していますから、いつ出てくるかもわかりません。マムシを見つけたら、すばやくはなれるようにしましょう。

頭が三角形で、体には銭形模様 (ぜにがたもよう) と言われるまだら模様があり、ずんぐりとしています。マムシが出る時期は、田んぼには長ズボンと長ぐつで行く方が安全です。

舌をチョロチョロ出して、においや空気の流れを感じとります。カエルやネズミなどを生きたまま丸のみにします。えさの大きさに合わせて、あごの骨 (ほね) と骨の間かくを広げ、大きく口を開くことができます。

マムシは卵胎生 (らんたいせい) といって、腹の中で卵 (たまご) をふ化させて、親と同じ形の赤ちゃんを産みます。夏に5〜6頭産卵 (さんらん) します。定期的にだっ皮して大きくなります。ヘビはだっ皮して若返ることや、猛毒を持っていたり、きみょうな体型などから世界の各地であがめられたり、おそれられたりしています。

ホタルと交信してみよう!

ミズスマシはなぜ4つも目があるの?