田んぼの国土保全機能 (ほぜんきのう)

日本で米作りが始まってから、人びとはより米作りに向いた土地にするために、たゆみない努力をつみ重ねてきました。

高い土地をけずって低い土地をうめ、水路を管理して水田地帯に変えたり、人が住める平野に変えたりしてきました。それは、たゆみなく続く作業でした。こうして、農業をいとなむ人々が米作りのために日本を作り上げてきたのです。

私たちが最初から平らな土地だと思っていたところ、最初から川だと思っていたところは、実は田んぼが作り上げた国土なのです。日本は昔から人びとが田んぼを作り、引きつぎながら少しずつできあがった、すばらしい国土なのです。

そしていまも田んぼは、国土を守っています。

田んぼは土壌 (どじょう) の流出を防止 (ぼうし) する緑の堤防 (ていぼう) です。

  • ひとこまマンガ
  • 田んぼ

日本は火山国のために土がもろく、また地震 (じしん) が多くて、よくゆれます。しかも雨が多いうえに斜面 (しゃめん) が急です。そのため、土砂 (どしゃ) の流出が多い国となっています。雨のたびに水は山をけずり、山をくずし、土砂を運んでいきます。土砂の流出量は世界の平均の7倍にもなっています。

田んぼはダムと同じ作用をして水を受け止めているだけではなく、土砂も受け止めて、下流に流さないようにしています。

棚田 (たなだ) のような急斜面にできている田んぼは全体の15%にものぼっています。その田んぼでは、年間130万トンもの土砂の流出をふせぎ止めていると言われています。

田んぼは土壌の侵食 (しんしょく) を防止しています。

ひとこまマンガ

土壌侵食とは、水や風によって土の表面がけずりとられることです。

侵食によって流れ出した土は川や湖、沼、海に流れ込んで、にごしてしまい、そこに住む生物などに悪いえいきょうをおよぼします。また、風によって大気中にまい上がった土のつぶは、人間や動物の健康に直せつ、害をおよぼすこともあります。

表土が土壌侵食によって失われると、作物のとれ高は少なくなります。

田んぼは水に守られており、大雨のときでも雨や水流による侵食をほとんど受けません。雨が水面にあたるため、直接土の表面をけずることがありません。また、水がない冬場でも水分をふくんでおり、土が強く結びついていて丈夫 (じょうぶ) です。また稲 (いね) のかり株 (かぶ) におおわれているので、風による侵食もほとんど受けません。

田んぼは土砂崩壊 (ほうかい) を防止しています。

ひとこまマンガ

急な山地、谷地、がけ地で集中豪雨 (しゅうちゅうごうう) や地震、雪崩 (なだれ) があった場合、土砂崩壊や地すべり、斜面崩壊、土砂流などの危険 (きけん) があります。

土砂災害 (さいがい) の危険箇所を調べてみると全国でのべ24万カ所以上あることが分かりました。

  • 地すべり危険箇所   1万カ所以上
  • 急傾斜地崩壊危険箇所 7万カ所以上
  • 山腹崩壊危険地区   8万カ所以上
  • 崩壊土砂流出危険地区 8万カ所以上

このような地域の田んぼでは、農家による土地管理が土砂の崩壊を防いでいます。

棚田では、畦 (あぜ) のしゅう理や水路の整び、床締め (とこじめ) などがふだんから行われています。このことが土砂崩壊を未然にぼう止することになっているんですね。

田んぼは日本の土壌問題をクリアし、収穫力 (しゅうかくりょく) を向上しています。

ひとこまマンガ

日本列島は新しい土が多いことと表土が流れやすいため、土の層 (そう) がうすくなっています。また雨が多いので、土の中の養分が流れ出しやすくなっています。また、火山灰が多く、軽くて風で飛ばされやすくなっています。

土の層がうすいと、根の広がる部分が少なくなり、養分や水分の量が少なくなります。日本の土は、もともと作物の生産に合っているとはいえませんでした。しかし、田んぼができてきて、これらは変わりました。田んぼには、水がたまっているために、土の層がうすくても水分不足にはなりません。また、養分が作物の根できゅうしゅうされやすい形に変わります。火山灰でも、水がたまっていれば風に飛ばされませんね。

田んぼを作るということは大切な発明で、これにより日本のいのちを支えてきました。