田んぼの仕組み

田んぼの仕組み

水田の構造

地球にふり注ぐ太陽エネルギーによって、植物は育っていきます。その植物を食べて、人間は命をつないでいきます。農業は、太陽エネルギーを稲 (いね) にたくわえ、お米を作ることによって、人間の命をつなぐ仕事なのです。田んぼは、この営みを行う土台となっています。

  • 作土層 (さくどそう)
    • 植物が育つための養分などをふくんだ土の部分です。稲 (いね) が育つメインステージです。
    • 作土層では、養分が一枚の田んぼの中で、きん一になっていることが大切です。ばらつきがあると育ち具合にむらができて、収穫期 (しゅうかくき) がばらつき、稲かりができなくなります。
  • 鋤床層 (すきどこそう)
    • 人や機械をささえる働きをします。水田を作る時は、まずこの層を固めます。
    • 水をもらさず、しかし全くもらないのもこまるというような固さにする名人芸が要求されます。
  • 畦 (あぜ)
    • 田んぼに水をためるためのかべです。畦ぬりで水がもれないようにし、もぐらが穴を開けたりしないように気をつけます。今は、畔にゴムなどのシートをうめている所もあります。
    • 苗やひ料、収穫した稲を運ぶ通路です。もちろん散歩や生き物の観察もできます。でも、その時は、畦をいためないようにくれぐれも気をつけましょう。
  • 水路
    • 水を引き、水をぬく道です。
    • 田んぼの出入口をふさいだり開けたりして、特定の田んぼに水を入れることができます。
  • せき
    • 川から水路に水を引き込みます。

田んぼに水をためる、という大発明

ひとこまマンガ

日本の土は本来、お米を育てるのに向いていたわけではありません。表面に水をためるという大発明によって、すべてをかい決したのです。もともと稲は、熱帯の作物です。それが日本列島のような温帯で安定的に栽培 (さいばい) できるようになったのも、この大発明のおかげです。

水をためることにより

  • ひ料をあまりあたえなくても空気や水、そして土の中から天然のひ料を取り出して利用できる。
  • 土の中の水分調節が不要である。
  • 連作しょう害がなく、同じ作物を毎年栽培し続けられる。
  • 雑草 (ざっそう) が少なくなる。田んぼの表面に長時間水がたまっているため、生育できる雑草が少ない。
  • 稲を寒さから保護 (ほご) する。水は一度取り入れた熱はなかなか発散させないので、稲のセーターとなります。

連作しょう害がない、その秘密

ひとこまマンガ

畑などで起こる連作しょう害の原いんとして考えられているのは

  • 決まった養分が不足する。
  • 決まった養分が多く残り、吸収 (きゅうしゅう) しにくくなる。
  • 塩分をはじめとして、作物の生育に有害な成分がたまってくる。
  • 土じょう中に作物の生育に有害な生物がふえてくる。

ところが水田の場合、水をためますので、

  • 河川から入れた水に養分が含まれている。
  • あまった成分を流し出す。
  • 塩分をはじめとして、作物の生育に有害な成分を流し出す。
  • 作物の生育に有害な生物が死ぬ。
  • 水の中にふくまれている空気から、雑草などが養分をとり入れて、それを田んぼの土に残す。

など、とてもうまくできています。お見事ですね。