田んぼの基礎情報 (きそじょうほう)

田んぼに関するさまざまなデータを見ることができます。

  • 農林水産省 統計情報部の公開資料から引用させていただきました。
    農林水産省ホームページ: http://www.maff.go.jp/
  • 質問等にはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

水稲の収穫量推移 (日本で作られる米のとれ高のうつりかわり)


水稲の作付面積推移 (日本で稲をうえている田の面積のうつりかわり)

用語辞典

  • 水稲 (すいとう)
    水田でさいばいする稲 (いね) のことです。これに対して陸稲 (りくとう) は畑地でさいばいする稲です。平成28年のとれ高をくらべてみると水稲が804万2千トンに対して、陸稲は2千トンで、ほとんどが水稲となっています。
  • 作付面積
    田畑に作物をうえ付けた面積のことです。
  • a (アール)
    1a (アール) =100㎡ (平方メートル) のことです。1aの100倍、100aが1ha (ヘクタール) で、10,000㎡です。

作況指数と作柄 (とれた米のよしあしととれ高)

作柄 作況指数
106以上
やや良 105~102
並み 101~99
やや不良 98~95
不良 94~91
著しい不良 90以下

用語辞典

  • 作柄 (さくがら)
    農作物の生育やとれ高のことです。
  • 作況指数 (さっきょうしすう)
    作柄のよしあしを示すものです。10a当たりのとれ高を予想したものです。都道府県ごとに無作為抽出 (むさくいちゅうしゅつ=くじ引き) により、調さを行う水田を選びだし、その調さ水田ごとに3カ所 (長方形の水田の対角線上の左上・中央・右下) を対しょうに 水稲の作柄を調さします。
  • 10a当たり平均収量
    気しょうの推移 (すいい) や、ひ害の発生状況 (はっせいじょうきょう) などを平年なみとか定したときに、作付けされる前に予そうされる10a当たりのとれ高です。まず、か去の10a当たり収量から降水量 (こうすいりょう) 、気温などの気象要因 (きしょうよういん) によって変動する部分をのぞいてすい定します。。

作況指数推移 (10a当たり平年収量対比:全国平均) (とれ高のよしあしのうつりかわり)

  • 平成4年101
  • 平成5年74
  • 平成6年109
  • 平成7年102
  • 平成8年105
  • 平成9年102
  • 平成10年98
  • 平成11年101
  • 平成12年104
  • 平成13年103
  • 平成14年101
  • 平成15年90
  • 平成16年98
  • 平成17年101
  • 平成18年96
  • 平成19年99
  • 平成20年102
  • 平成21年98
  • 平成22年98
  • 平成23年101
  • 平成24年102
  • 平成25年102
  • 平成26年101
  • 平成27年100
  • 平成28年103

(作況指数)