弥生時代 (やよいじだい=今から約1700〜2200年ほど前)紀元前3世紀から紀元後4世紀

弥生時代

弥生時代中ごろには、東北地方の北部まで稲作 (いなさく) が広がっていたと言われています。
1943年に発見された静岡県 (しずおかけん) にある登呂遺跡 (とろいせき) の水田は、矢板 (やいた) や杭 (くい) で補強 (ほきょう) した畦 (あぜ) できちんと分けられており、用水路や堰 (せき) も作られていました。12の竪穴式住居 (たてあなしきじゅうきょ) や、約7万平方メートルの田と、2つの高床式の倉庫のあとが発見されました。

米は貯えることができるので、貯えの量によってゆたかになる人が出てきました。また、農業に必要な治水 (ちすい) 、灌漑 (かんがい) などを共同でするために村ができ、それをひきいる首長があらわれました。
村同士は争ったり、協力したりしながら、より大きな村となり、やがて小さな国になっていきました。
紀元後3世紀の日本には30の国があり、最強の国が女王・卑弥呼 (ひみこ) がひきいる邪馬台国 (やまたいこく) だったと伝えられています。
国々はやがてとう一されて「日本」という大きな国が作られていきます。米は日本の社会を作ることになりました。
弥生時代の農具のほとんどがカシの木を使った木せい品です。木鍬 (きくわ) ・木鋤 (きすき) などを使って田をたがやし、干し草などのひ料は田下駄 (たげた) や大足によって田んぼにふみこまれます。
籾 (もみ) は田んぼに直せつまかれ、稲 (いね) が実ると石包丁 (いしぼうちょう) で穂先 (ほさき) だけかり取りました。脱穀 (だっこく) には、木臼 (うす) と竪杵 (たてぎね) などが使われ、しゅうかくした食料は貯蔵穴 (ちょぞうあな) や高床式倉庫に貯えられました。

縄文 (じょうもん) 時代

古墳 (こふん) 時代