室町時代 (むろまちじだい=今から約550〜700年ほど前)1333年から1467年

室町時代

室町時代になると治水 (ちすい=川の水害をふせぎ田畑の水に利用すること) とともに管り組しきも発達しました。農民の組しきである惣 (そう) が発達し、農民がかたく結びついて力を合わせるようになり、一揆 (いっき) という戦いを起こしました。

1428年 (正長1年) には、正長の土一揆が起こりました。このようになると幕府 (ばくふ) の力はおとろえました。
室町末期に始まった治水と新田の開発により、日本中の川は作り変えられ、農作物が育たない土地を育つ土地へと変えていきました。

田植えの合間に笛 (ふえ) や鉦 (かね) 、太鼓 (たいこ) に合わせておどり、歌う田楽 (でんがく) というものが広まっていきました。

鎌倉 (かまくら) 時代

戦国時代