戦国時代 (せんごくじだい=今から約450〜550年ほど前)1467年から1574年

戦国時代

室町幕府がおとろえると、各地の大名がおたがいに力を争う戦国時代になりました。戦国大名とよばれた武士 (ぶし) は、自分の領土 (りょうど) を広げ、お米のとれ高をふやすのに力をつくしました。農業をおし進めながら、農民の組しきである惣 (そう) をくずし、農民から武力 (ぶりょく) をうばいとり、一部の農民を家来としました。

お米をより多くとるには、あれ地を開発して田んぼの面積をふやし、田んぼを水害から守らなければなりません。そのために戦国大名は、田んぼを守る工事を始めるようになりました。
甲州 (こうしゅう=今の山なし県) の戦国大名である武田信玄 (たけだしんげん) は、1542年 (天文11年) に起きた釜無川 (かまなしがわ) の大洪水 (だいこうずい) の後、今でも残っている有名な堤防 (ていぼう) である「信玄堤」をきずきました。「信玄堤」は、洪水の時、いろいろな物でかわの水のいきおいをしずめることによって堤防がこわれることをふせぎました。
加藤清正 (かとうきよまさ) は「乗りこし堤 (のりこしつつみ) 」という方法で、田んぼを水害から守りました。これは低い堤防で洪水のいきおいを弱め、水がおだやかに堤をこえていくという方法です。

室町時代

安土桃山 (あづちももやま) 時代