安土桃山時代 (あづちももやまじだい=今から約400〜450年ほど前)1574年から1603年

安土桃山時代

新田が開発され、新たな村ができ、農家もふえる中で、戦国大名 (せんごくだいみょう) たちは自分の領地 (りょうち) について田畑の広さや土地のよしあしなどを調べる検地 (けんち) を行いました。それを全国的に行ったのが豊臣秀吉 (とよとみひでよし) です。

太閤検地 (たいこうけんち) 1582年 (天正10年)
豊臣秀吉は全国の土地、収穫量 (しゅうかくりょう) 、年貢量 (ねんぐりょう) などを調べて記録しました。秀吉はさらに「一地一作人」を定めました。それまでの荘園制 (しょうえんせい) では、農民と土地を持つ領主 (りょうしゅ) のほかに、さまざまな役人が年貢 (ねんぐ) を分けてとっていたのですが、秀吉はそれをなくして、その土地の年貢はその土地をたがやす農民に持たせることにすることによって、農民に自立心を持たせると同時にばく大なざい力をたくわえました。
検地によって、それまでの古い荘園制 (しょうえんせい) はなくなりました。

戦国時代

江戸 (えど) 時代