江戸時代 (えどじだい=今から約150〜400年ほど前)1603年から1868年

江戸時代1

江戸時代も生活の中心となったのはお米でした。生産された米は年貢 (ねんぐ) として大名におさめられ、大名はこれを大阪や江戸で売ってお金にしていました。大名の大きさは石高 (こくだか) で表しました。一石は約180リットル (約150キログラム) です。そのころの人が1年間に食べるお米の量にあたりました。

江戸時代は、戦いのない安定した世の中となり、大名たちは自分の領地 (りょうち) で水田をふやしました。このため、江戸時代の初めはそれぞれの領地での新田開発ブームが起こり、平野が広がりました。

徳川幕府 (とくがわばくふ) も大規模 (だいきぼ) な開発を行いました。関東平野の台地をひらいた武蔵野新田 (むさしのしんでん) や、下総国 (しもうさのくに=今の千葉県あたり) の沼を干拓 (かんたく) した飯沼新田 (いいぬましんでん) などです。また、もともとは東京湾 (とうきょうわん) に注いでいた利根川 (とねがわ) を、少しずつ東に向かわせ、千葉県の銚子 (ちょうし) の方に流れを変え、常陸川 (ひたちがわ) に合流させて大平洋に注ぐ川に変えてしまうという大工事も行いました。徳川幕府は農民をきびしく取りしまりました。なぜなら、お米が社会の土台だったからです。

1643年 (寛永20年) には田畑の売買をきん止する法令を出しました。そして農民を支配 (しはい) するために、1649年 (慶安2年) 、将軍家光 (しょうぐんいえみつ) が慶安の御触書 (けいあんのおふれがき) という法令を出しました。これは五人組の制度をはじめ、農民の生活まで細かく決められていました。

江戸時代には、農民はほぼ50〜60戸で1つの村落を作りました。村は名主 (なぬし) とよばれる人を中心に運営していました。幕府をこれを使って村をまとめさせる人を命じました、それが名主・組頭 (くみがしら) ・百姓代 (ひゃくしょうだい) とよばれた人たちで、この3つを村方三役といいます。

稲 (いね) の品種改良も進みました。民間の篤農家 (とくのうか) が、たまたま冷害の時などに田んぼで元気に育っていた稲を取り、それを何年間もくり返しさいばいしました。こうしてできたさまざまな新品種はお米のとれ高をふやしました。

江戸時代2

農機具も開発されました。扱竹 (こきたけ) という、竹を箸 (はし) のようにした道具にかわって千歯扱き (せんばこき) が発明されました。千歯扱きを使うと作業は今までの10倍以上になったため、またたくまに全国各地に広がっていきました。このように農家の人たちは、農業のぎじゅつを進歩させました。

他にも、たがやすための備中鍬 (びっちゅうぐわ) 、米を選別する唐箕 (とうみ) ・千石どおし、田畑に水を引くための龍骨車 (りゅうこつしゃ) 、足でふんで水車を動かす踏車 (ふみぐるま) などが発明されました。

江戸 (えど) 時代には、江戸、大阪、京という大都市が生まれ、都市周辺の農業が必要となりました。農家の人たちは農産物を都市に持って行き、帰りは糞尿 (ふんにょう) を持ち帰ってひ料にしていました。他にも油かす、汚水 (おすい) 、緑肥 (りょくひ) 、堆肥 (たいひ) 、泥肥 (でんぴ) 、魚のあらなどが使用われ、とくに干 (ほ) し鰯 (いわし) は動物性のひ料としてすばらしいものでした。

長い鎖国 (さこく=他の国の出入りをきん止すること) がつづいたので、さい害や害虫への対さくは十分ではなく、虫送りや鳥追い (とりおい) 、風祭り、雨乞い (あまごい) という行事を行っていのっていました。そのため、江戸時代には150回ほどの飢饉 (ききん) があり、そのうち大飢饉は30回も発生しました。そのため、農村はあれはてて、農民が都市へうつり住むようになりました。

  • 亨保 (きょうほう) の飢饉
    1732年 (亨保17年) 夏に長雨といなごが大発生したことによって起こり、西日本一帯で米のとれ高が平年の15%しかないという大きなひ害がもたらされ、全国で264万人以上の人がうえ、1万人以上の人が死んだと伝えられています。
  • 天明 (てんめい) の飢饉
    1783年 (天明3年) のしもの害によって起り、数年間続きました。この飢饉によって、うえて死んだ人の数は、全国で50万人以上にもおよんだといわれています。
  • 天保 (てんぽう) の飢饉
    1833年 (天保4年) に冷害、洪水 (こうずい) 、大風雨などによって起こり、1836年 (天保7年) ごろまで続きました。農村では百姓一揆 (ひゃくしょういっき) が続き、都市でもまずしい町人たちが、米屋・質屋をおそう打ちこわしが起きましたが、幕府や諸藩 (しょはん) はもうこれらを完全におさえる力がなく、幕府はおとろえていくことになります。

安土桃山 (あづちももやま) 時代

明治時代