明治時代 (めいじじだい=今から約100〜150年ほど前)1868年から1912年

明治時代になると、これまで各地に置かれていた大名の藩 (はん) をなくし、新たに県や府を置いて、役人に治めさせました。
新政府 (しんせいふ) は、国のしゅう入を安定させる目的で、これまで米でおさめていた税 (ぜい) をお金でおさめるように変えました。

地租改正 (ちそかいせい) 1873年 (明治6年)
土地を自分のものとすることにし、土地の売買をみとめ、土地のかかくの3%をお金でおさめさせました。

新政府は、農業技術 (のうぎょうぎじゅつ) を高めるため学者や技術者を欧米 (おうべい) に派遣 (はけん) し、また欧米の技術者を日本にまねきました。明治26年には国立農事試験場 (こくりつのうじしけんじょう) ができました。また、稲 (いね) の種は、大正年間の純系淘汰 (じゅんけいとうた=すぐれたものを選んで残すこと) によってとれ高は5〜10%ふえました。さらに中期からは交雑 (こうざつ=まぜあわせること) によって新しい種を作りました。
一方、民間では他の地方の稲の種を持ち帰ったり、交かんを行ったりしながら優秀な種を見つけ出して新しい品種を作りました。

薬を使った最初の除草 (じょそう) は、明治時代の中ごろです。欧米の各地で使われていたものが日本にも伝わり、田んぼでも使われるようになったのが始まりです。
同じころに、ざっ草取りの農機具が発明されました。田車というもので、先にははば30cmぐらいの、小さな水車のような回転するつつがつけられていました。それを使うため、稲ははば30cmの間かくでまっすぐ平行に植えられるようになりました。正条植えといい、日本中に広がりました。

米のとれ高は、大きくふえました。江戸時代には1反 (たん=約992㎡) あたり200〜250kgだったのが、500kgをこえるようになりました。水田面積も大きくふえて、江戸時代の150万ヘクタールの約2倍、294万ヘクタールになりました。

江戸 (えど) 時代

大正時代