大正時代 (たいしょうじだい=今から約90〜100年ほど前)1912年から1926年

大正時代

大正3年に起きた第一次世界大戦とそれにともなう好景気 (こうけいき) は、国民の生活を大きく変えました。農村では好景気の中でお米のねだんが高くなりました。一方、土地を持たない人々は都市に出て労働者となるケースがふえました。東京をはじめとする大都市では人口が急にふえました。

このころから、農業機械が電気や石油を使ったものへと変わっていきました。田んぼの水の確保 (かくほ) をはじめとして、脱穀 (だっこく) 、籾 (もみ) すり、精米 (せいまい) 、製粉 (せいふん) 、ワラの加工など、次々に機械化されました。

1918年 (大正7年) 夏、米騒動 (こめそうどう) が全国で起こりました。
物のねだんが高くなるとともに、シベリア出兵 (=シベリアに兵士となっていくこと) にそなえて商人たちが米を買い占めたため、ねだんは高くなりました。富山県ではお米のね上がりに対して暴動 (ぼうどう) が起こり、全国に広がりました。お米は主食として、なくてはならないものなので、食べていくことができなくなるということです。このさわぎは、9月中ごろまでつづきました。

第一次世界大戦が終わった大正7年以後、農業の機械化が国としての大きな目標になり、牛や馬、電力を使った機械が開発されるようになりました。

明治時代

昭和時代