昭和時代 (しょうわじだい=今から約30〜90年ほど前)1926年から1989年

昭和時代1

昭和8年ごろには、機械によって田んぼをたがやす動力耕耘機 (こううんき) が出てきました。しかし、太平洋戦争によって石油などが不足していたため、広く使われることはありませんでした。

食糧管理法 (しょくりょうかんりほう) 1942年 (昭和17年)

戦争のため食糧 (しょくりょう) 不足となり、お米などは国家が管理 (かんり) をしました。農家はお米を国に差し出し、人びとは国から配給を受けました。
1945年 (昭和20年) 、戦争で国土があれはて、また働く人が不足し、日本のお米の生産高は約587万トンにへりました。当時の人口は7200万人で、お米が足りませんでした。都会に住む人々は、農村に食べ物の買い出しに出かけました。

昭和時代2

昭和30年代になると工業化が進み、新しいさいばいぎじゅつなどによってとれ高はふえました。

田植機は明治時代から多くの人々が研究をつみ重ねてきました。どの田植機もむかしから使っていた長さが30cmくらいある大きな苗で行っていたので、うまくできませんでした。それが、昭和40年前後に今のような10cmほどの小さい苗を植える田植機が登場して大成功となり、一気に広がりました。農家の人の何百年にわたる願いがみのりました。

昭和時代3

田んぼ10aあたりで働く時間が、昭和25年では207時間でしたが、平成27年では23時間までへってきています。
ざっ草を取る薬である除草剤 (じょそうざい) も使われました。アメリカで開発された除草剤が、またたくまに日本の田んぼに広まりました。今までは夏のあつい中で、こしを曲げながらのつらい作業がなくなりました。

日本人の主食といわれながら、日本人がお米をいつでも食べられるようになったのは戦後20年も後の昭和40年代からです。このころには、さまざまなところで近代化がなされ、農業でも機械化やカントリーエレベーター (お米をかんそうさせてたくわえておくもの) ができてお米の生産をふやすことになりました。

  • 昭和時代4
  • 昭和時代5

大正時代

平成