稲と衣食住 (いねといしょくじゅう)稲はすてるとこなし

  • 衣
  • 食
  • 住

稲はかりとられたあと、お米、糠 (ぬか) 、藁 (わら) 、籾殻 (もみがら) に分けられます。食はもちろん、衣にも住にも活用されます。また、人だけではなく、牛や馬にも、来年の稲のためにも、田の神様のためにも活用されます。まさに、稲にはすてるところがないといわれています。
藁の一部は直せつ堆肥 (たいひ) として田にまかれます。一部は牛の飼料 (しりょう=えさ) として使われ、その牛の糞 (ふん) がひ料となります。

残った藁はくさらないようにしてほぞんされます。そして、必要なときに取り出し、さまざまなものを作ります。藁を使った藁細工 (わらざいく) はだれもが身につけておかねばならない大切なぎじゅつでした。

籾殻も保温材などに使われます。また、糠は糠づけやし料やせっけんとなります。そして、最後にはほとんどのものが土となって、次の年の稲のよう分になります。まさに究極のリサイクルせい品といえます。

 

稲と衣 (いねところも)