稲と住

藁 (わら) は、昔から家のや根をはじめとして、生活のさまざまなところに活用されてきました。

藁細工 (わらざいく) に使用する藁は一度打って、やわらかくしてから使用します。藁打ち (わらうち) 作業には、藁打台 (わらうちだい) ・槌 (つち) ・杵 (きね) などの道具が使われます。藁打台は石でできており、農家の土間の必すうアイテムです。筵 (むしろ) ・菰 (こも) ・俵 (たわら) などは、打たずに固いままで作ります。

藁 (わら)

藁葺 (わらぶき) 屋根
藁葺 (わらぶき) 屋根1 藁葺 (わらぶき) 屋根2

藁葺屋根とは、家の屋根を作る時にかわらを使わず、かやや藁を使っているものです。
水田と藁葺屋根は、やすらぎを感じる日本の原風景となっています。
かやぶきの屋根も、中には藁がしきつめられ、屋根をささえるために、藁でできたなわが使用されています。

壁材 (かべざい)
壁材1 壁材2

古い木ぞうの家では、土壁と言って、土に藁を切ったものをまぜて、ぬり固めていました。強度を高めるためでしょうが、藁には神の力があるため、注連縄 (しめなわ) のような意味があったのかもしれません。

敷物 (しきもの)
敷物

寝室 (しんしつ) ・産室の敷藁としたり、藁蒲団 (わらぶとん) ・敷筵 (しきむしろ) ・円座 (えんざ) ・揺り籠 (ゆりかご) ・縄暖簾 (なわのれん) を作ったりしました。たたみの中身にも使われていました。

肥料 (ひりょう)
肥料1 肥料2

そのまま焼いて灰にしたり、土の中にすき込んで肥料としたり、堆肥 (たいひ) を作ったりします。草鞋 (わらじ) が切れて使えなくなっても、焼いて灰とし、最後は土にもどって次の年の稲 (いね) のよう分となります。

燃料 (ねんりょう)
燃料

竃 (へっつい=かまど) で藁を燃やしてご飯をたくのに使います。

飼料 (しりょう)
飼料

藁を切って牛や馬のえさとして使います。

俵 (たわら)

お米を入れて運ぶ米俵を作ります。

縄 (なわ)
縄 (なわ) 1 縄 (なわ) 2

藁を縒 (よ) って縄を作り、この縄をさらによじると綱 (つな) になります。

注連縄 (しめなわ)
注連縄 (しめなわ)

藁には幸運をよぶ力があると信じられていました。正月には注連縄をかざり、小正月や孟蘭盆 (うらぼん) には藁火をたいて先祖 (せんぞ) の霊 (れい) をむかえます。

正月の注連縄は、その家が神の家であることをしめしています。注連縄のシメは、そこを占める (しめる) という意味で、占めるのは神です。

注連縄を作るために、農家では秋の収穫の時に茎 (くき) の長い青い藁をたくわえておきます。

藁人形
藁人形

藁で作った馬や人の人形は各地にあります。正月や虫送りなど、さまざまな行事で使われるようです。

飯ふご
飯ふご (めしふご) 1 飯ふご (めしふご) 2

たいたご飯の入った米びつをこの中に入れてほ温します。

もっこ
もっこ1 もっこ2

縄をあんで作った、土やすなを運ぶ道具です。

ふご
ふご

もみがらなどを運ぶための道具です。

籾殻 (もみがら)

籾殻 (もみがら) 1 籾殻 (もみがら) 2
  • 籾殻を焼いて黒くしたものを燻炭 (くんたん) と言い、苗代 (なわしろ) の保温材 (ほおんざい) として使用します。
  • 牛・馬・にわとりの小屋にまいて使われ、その後は堆肥 (たいひ) となります。
  • 枕 (まくら) の中に入れてクッションとして使います。
  • くだものばこなどのクッション材、ほ温材にします。みかんがすごくあまくなりますよ。

糠 (ぬか)

  • 米糠はしぼう、たんぱくしつ、ミネラル、ビタミンなどもふくむので牛や馬のえさになります。
  • 糠は油よごれをよく落とし、おはだをしっとりとさせるので、せんざいやせっけん、けしょう品としても使われます。
  • 家具のツヤをだすワックスとして使用されます。ふくろに入れて、しっ器や家具、柱をみがくと、よいツヤがでます。
  • しぼった糠油は食用油、クリーム油、せっけん、グリセリン、ヘアトニックなどに使われます。

稲と食