種籾 (たねもみ) の選別と種まき苗半作

種籾

種もみ (お米の種) とは、前年の稲かりの時に良いもみを選んで、倉庫に大切に保存しておいたものです。

中身がつまった良い種もみを選ぶために、塩水を使って選別を行います。種もみを塩水につけると、軽い種もみはうきますが、良い種もみは底にしずみます。これを水で洗います。明治時代に考え出された方法で、この方法で当時のとれ高が一割 (いちわり=10分の1) もふえたと言われています。

1週間ほど水につけておいた種もみは、苗 (なえ) を育てる田や苗床にまきます。苗床はかわいた土に燻炭 (くんたん=籾殻をいぶして黒くした物) とひ料をまぜて作ります。

お米のでき具合は苗に大きく左右されるため「苗半作」「苗代半作」と言って、良い苗を育てれば米作りの半分は成功したと言われていました。土の中で、しっかりと根を生やしていることがとても大切です。約2週間〜4週間ほどして、本葉が4〜5枚、高さが15cmほどに生長するといよいよ田植えとなります。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 種壺1
  • 種壺2
種壺 (たねつぼ)

種もみをほぞんしておくために使われていました。種もみを中に入れてふたをし、ねずみなどから守ります。水瓶 (みずがめ=みずをためておくもの) として使っていたものにヒビが入ったため、竹で割れないようにして、種壺として使っています。

長さ345mm・高さ355mm・奥行340mm

コラム 種もみの脱穀 (だっこく) は昔風に

種籾の脱穀は昔風に

足ぶみ脱穀機や動力脱穀機が使われていた時代も、種もみだけは千歯扱 (こ) きでていねいに脱穀したそうです。では、千歯扱きの時代はというと、その一昔前の「扱き管」を使っていたそうです。古風に従い、出来るだけ手間をかけて、ていねいに扱きました。

むかしから伝わる農具と稲作 TOP

田起こし