田起こし使っているくわはつねに光る

田起こし

今の田んぼは乾田 (かんでん) と言われるもので、稲かりが終わると水がありません。ところが明治時代の初めまでは、湿田 (しつでん=1年中水があるどろの田) がほとんどでした。湿田では、この写真のような重い風呂鍬 (ふろぐわ) をふり上げてどろ水をかぶりながら、田んぼの土をほり起こす田起こしをします。大変な重労働でした。

明治時代になると乾田馬耕 (かんでんばこう) が広がっていきます。乾田とは、秋に田んぼの水をぬいてかわかし、春になったら深くたがやしてひ料を入れ、土に稲 (いね) を育てる力をつけて、米のとれ高をふやす方式です。深くたがやすためには、いままでのような人によるくわでの田起こしはとても大変なため、牛や馬の力を使う馬耕という方法も使われました。「乾田馬耕」により、とれ高は倍近くになりました。また、乾田化することで、稲かりの後に麦などをさいばいする二毛作ができるようになりました。

乾田では土がとても固くなっているので、まず荒起こしという作業を行います。深さ20cmくらいまでの土を、細かくくだきます。くわでの荒起こしもまた大変な仕事です。よく使われているくわほど、よく光ります。仕事がていねいな人のくわほど、ぴかぴかに光っていたのでしょう。

明治時代の後期になると馬耕用の犂 (すき) が使われます。たいひを田んぼにまいてから、牛や馬に犂を引かせて土を起こします。昭和三十年代になって動力こううん機が広まり、機械化されるようになりました。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 鍬笊
くわ笊 (くわざる)

湿田で田んぼを起こすとき、どろが跳ね上がりますので、これをふせぐために取り付けた笊 (ざる) です。

写真提供:
渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」
(秋田文化出版刊)

  • 大足
大足 (おおあし)

土の固まりをくずし、稲の切りかぶや草などを土の中にしずめ、ひ料にするために使います。土の中に取り込まれたひ料を苅敷 (かりしき) と言います。どろの中にしずめることにより、早くくさってひ料となります。大足は片方だけで1kg近くもあるため、なわで持ち上げながら進んでいきます。

写真提供:
渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」
(秋田文化出版刊)

  • 備中鍬1
  • 備中鍬2
備中鍬 (びっちゅうぐわ)

田んぼの土を深くたがやすくわです。何本かの刃が付いており、土の中に深く入り、また土がくわにくっつきにくくなっています。三つ刃、四つ刃などの種類があり、より深くたがやすために長い刃を付けたものもあります。

長さ290mm・高さ1230mm・奥行き180mm

  • 踏鋤1
  • 踏鋤2
踏鋤 (ふみすき)

踏鋤は、湿地などを深くたがやすために使われた農具です。刃が付いているすぐ上の所をふんで土の中に入れて土をほり起こします。足の力を使うめずらしい農具です。

長さ148mm・高さ865mm・奥行き40mm

  • 長床犂・唐鋤1
  • 長床犂・唐鋤2
長床犂・唐鋤 (ちょうしょうすき・からすき)

犂 (すき) は、牛や馬などに引かせて田畑をたがやす時に使う農具です。犂先で土をほりながら進みます。犂の形や作り方によって無床犂 (むしょうすき) 、長床犂 (ちょうしょうすき) 、短床犂 (たんしょうすき) の3種類に分けられます。

最初に作られたのは無床犂で、犂床 (すきどこ) とよばれるものが無いため深くたがやすことができます。しかし、安定が悪くそう作しにくいために犂床を付けたのが長床犂となります。たがやす深さも一定にできます。また、長い犂床を引きずることにより田面を平らにならして水もれをふせぐこともでき、長い年月にわたって使われました。

唐鋤の唐は、中国から伝わってきた「新しい物」を意味します。

長さ2520mm・高さ910mm・奥行き234mm

  • 短床犂1
  • 短床犂2
短床犂 (たんしょうすき)

明治時代の乾田馬耕の奨励とともに、犂がさらに工夫されるようになりました。長床犂と無床犂の良い所をとって短床犂が開発されました。各地でさまざまな工夫がこらされ、大正時代に、すばらしいものにできあがりました。あつかいやすく、しかも深くたがやせるように、刃先や取り付け角度に工夫がこらされています。日本の農家が世界にほこるべき大発明と言えます。昭和30年代に動力式こううん機が広がるまで活やくしました。

長さ1550mm・高さ1100mm・奥行き155mm

こううん機 (昭和22年)

コラム 鍛冶はオーダーメイドで

鍛冶はオーダーメイドで

農具をしゅう理する人を鍛冶職人 (かじしょくにん) と言います。鍛冶職人は農村を回りながら農具のしゅう理をしていました。近世になって農業ぎじゅつや農具の発達によって米作りが広がると、仕事もいそがしくなり、やがて村々に住んで鍛冶場を持つようになります。

鍛冶職人は、くわを使う農民の体格や、土の固さなどを考えて、持つ所の長さや角度を変えたり、「こういうものができないか」とか「こう変えてもらいたい」などの声をきいて、よりじょうぶで使いやすい物を作り上げました。「くわは国々にて三里を隔 (へだて) ずして違ふものなり」と言われているように、一人一人違うものを持っていたのですね。

種もみの選別と種まき

畔塗り(あぜぬり)