代掻き (しろかき)馬一匹半身上 (うまいっぴきはんしんしょう)

牛

代かきとは、田起こしした田んぼに水を入れて、土を細かくくだき、ていねいにかきまぜて、田んぼの土を平らにする作業です。田んぼから水がもれるのをふせぎ、苗 (なえ) を植えやすくし、苗のが土の中にしっかり入って、発育を良くします。ざっ草が生えにくくなるとも言われています。

牛を使って田起こしをするようになってからは、代かきも馬鍬 (まんが、まぐわ) という道具を使うようにようになりました。牛や馬が足で土をふみくだく効果もあります。牛は馬よりも歩くのがおそいため、コントロールはしやすかったようですが、足によるくだき方は悪かったようです。

代かきは荒代 (あらじろ) 、中代 (なかじろ) 、植代 (うえじろ) の3回行うのがふつうでした。牛馬を使うのは荒代・中代で、仕上げの植代は柄振り (えぶり) を使って人の手で行いました。これを柄振押し (えぶりおし) と言います。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 鍬1
  • 鍬2
馬鍬 (まんが、まぐわ)

牛や馬に引かせて田んぼの荒起こしや代かきをさせる農具です。かた手に手綱 (たづな=牛や馬をあやつるつな) を持ち、かた手には馬鍬の取っ手を持って馬をあやつります。

馬を同じ所へ連れて行かないように気をつけます。馬鍬は古墳 (こふん) 時代に中国から伝わったようです。江戸 (えど) 時代から昭和へと、次第に大型化してじょうぶに作られ、歯も木から鉄へと変わっていきます。

長さ1079mm・高さ775mm・奥行き1120mm

  • 柄振1
  • 柄振2
柄振 (えぶり)

土を人の手で、ていねいに平らにするための農具です。でこぼこになっている土の表面を、この農具を使って平らにしていきます。

長さ1390mm・高さ65mm・奥行き1740mm

コラム 馬は家族の一員

馬

「馬一匹半身上」とは、農家にとって一頭の馬は、家の身上 (しんしょう=ざいさん) の半分にあたるほどかちがあるという意味です。馬は土地をたがやしたり、物を運んだりする時になくてはならず、また馬ごやにしいたワラや馬のフンなどは、たいひというひ料になりました。馬のものは牛にくらべると、くさる時に高い熱を出すので、寒冷地のたいひ作りには欠かすことができなかったようです。農家では馬を大切にしており、母屋で一しょにくらしていました。

畔塗り(あぜぬり)

田植え