田植え稲 (いね) が立っている

田植え

苗代 (なわしろ) で育てていた苗 (なえ) の長さが15cm位になったら、いよいよ田植えです。田植えの前日の夕方、あるいは当日の朝早くから苗取りを行い、たばねた苗を田んぼに運びます。

昔は、ばらばらに植えていましたが、明治30年代に正条植え (せいじょううえ) が取り入れられました。代かきをして平らにした田になわをはったり、型わくを転がして目印を付け、整然と植えます。かぶの間がそろい、稲にむらなく日があたり、風通しもよくなり、ざっ草とりの作業も上がってとれ高がふえました。

田植えは主に女性の仕事で、田植えをする女性は早乙女 (さおとめ) とよばれていました。男性が苗を運んで田んぼに目印を付けたあと、早乙女たちが苗かごをこしに付けて田植えをします。苗は3、4本ずつ取って、真っ直ぐに植えます。こしをかがめてばかりのつらい作業でした。昭和40年代から田植機が広がったため、手作業での田植えも少なくなり、早乙女たちのすがたもあまり見られなくなりました。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

型付け1 型付け (かたつけ)

代かきで平らにした田んぼに型を付ける農具です。たてと横との間かくを調節できるものもあります。

写真提供:芳賀ライブラリー

縄1 縄 (なわ)

同じく型を付ける農具です。じくをあぜにつきさしてなわをのばし、田に真っ直ぐの型を付けます。

長さ275mm・高さ430mm・奥行き55mm

  • 苗籠1
  • 苗籠2
苗籠 (なえかご)

苗取りされた苗のたばを田んぼまで運ぶのに使われました。竹でできており、苗が落ちずかつ水切りが良いように、あらくあまれています。

長さ1380mm・高さ445mm・奥行き410mm

コラム 田植えのときは学校はお休み

田植え

稲の成育をそろえるために、田植えは田んぼごとに一日で終わらせます。田植えの日、家族だけでは人手が足りない場合は、近所の人に手伝ってもらいました。子どもたちも、田んぼへ出て田植えやおべん当運びなどのお手伝いをしなければなりませんでした。昭和30年ごろまでは、農村や農家が多い学校では田植え時期になると「田植え休み」と言うものがあって学校が休みとなりました。

代掻き (しろかき)

水かん理