水かん理水見半作

踏車

田植えの後は、寒さから稲 (いね) を守るために田んぼに水を入れます。水が稲を寒さから守ります。その後は、稲の成長に合わせて水の量を調節します。苗 (なえ) は夏が近づくとともにぐんぐんとのび、種から出たくきの根元から新しいくきが出てきます。これを分けつと言います。1本の苗のくきが5〜6本、一かぶでは20本以上になると分けつは止まり、穂 (ほ) を付けるじゅんびをします。稲作 (いなさく) は穂が成長して実をつける7月中ごろから8月の終わりにかけて一番多くの水を必要とします。水見半作 と言って、水のかん理もまた稲作の半分をしめるほど大切な作業でした。

高い所に灌漑用水路 (かんがいようすいろ) や溜池 (ためいけ) を作って、高い所の田んぼから低い所の田んぼへ水を流す方法が行われました。反対に、低い所の川の水を高い田んぼにあげるには、さまざまな工夫が必要でした。

写真提供:渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」 (秋田文化出版刊)

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 桶1
  • 桶2
水汲み桶 (みずくみおけ)

杉 (すぎ) や檜 (ひのき) などでできた桶で、水がもれないようにすき間なくがっちりと作られています。なわのあるものは、2人で水を田んぼへ上げるための桶です。

長さ350mm・高さ520mm・奥行き360mm

  • 桶3
  • 桶4

長さ300mm・高さ268mm・奥行き270mm

  • 桶5
  • 桶6
水まき桶 (みずまきおけ)

畦 (あぜ) と畦の間に水をまく桶です。桶の底のあなを開けしめして、水の流れ出す量を調節しながら水をまきます。

長さ327mm・高さ540mm・奥行き352mm

  • 龍骨車1
  • 龍骨車2
龍骨車 (りゅうこつしゃ)

中世以来使われている揚水器 (ようすいき=水をくみ上げるもの) です。下の細長い木箱を水にしずめて、つながった小板をまき上げて水をくみ上げます。つながった小板が龍 (りゅう) の骨ににているのでこの名が付けられました。手操り用 (たぐりよう=手であやつる) と足ふみ用がありました。写真のものは手操り用です。

長さ2250mm・高さ865mm・奥行き3670mm

  • 踏車1
  • 踏車2
踏車 (ふみぐるま)

十数枚の羽根と鞘箱 (さやばこ) からなり、羽根板をふんで羽根車を回し、水を順次おし上げます。楽な仕事ではありませんが、動力のない時代では最も良い方式でした。体重が軽い場合は子どもをせ負ってふんだそうです。

長さ813mm・高さ1670mm・奥行き2270mm

コラム 裏技 (うらわざ) ? 水が登る用水路

用水

水を低い所から高い所へ引き上げるめずらしい水路があります。まず、用水路の一部分に、堰 (せき) 板と土で固めた部屋を作って、そこに水をためます。部屋に下から入ってきた水は上へおし上げられて、上から流れ出るので、その高さの分だけ用水の水が引き上げられることになります。

田植え

草かり