草かり農業とはざっ草とのたたかいである

草刈り

ざっ草は水や養分を取ってしまうので、稲 (いね) の成長をさまたげます。高温多湿 (こうおんたしつ=温度が高くじめじめしている) の日本においては、すぐにざっ草がはびこります。そのため、米作りにかける時間の半分近くがざっ草取りと言われてきました。草かりと同時に土をかきまぜることによって根にさんそを送り込むという役割もありました。一番草、二番草と言って、何度も田んぼに入りました。

草取りは、田んぼの水を流し出してからはじめます。かぶとかぶの間をはうようにして、両手で土をかきまぜるようにして草を取り、土にうめこみます。夏の、太陽が照りつけるなかで、土の照り返しを受け、あせを流しながらの重労働です。しかも生長した稲がちくりと目やはだをさします。す手での草取りは指先をいためるので、昔からいろいろな工夫がなされました。ワラをあんで作った指ぶくろや雁爪 (がんづめ) などが考え出されました。

写真提供: 渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」 (秋田文化出版刊)

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 雁爪1
  • 雁爪2
雁爪 (がんづめ)

軽くて小さい三本ぐわが改良された、草取りのための農具です。明治30年代に入ってから使われました。鉄の歯を持ち、草取りと同時に土の中のむだな稲の根を切って成育を助けます。先が細いので、土の中に入りやすくなっています。最初は爪がまっすぐな平雁爪 (へいがんづめ) でしたが、後に爪を曲げてより使いやすくなりました。

柄 (え=手でもつところ) は長柄付、中柄付、短柄付の3種類があり、爪は3本と4本のものが多かったようです。長柄付雁爪は、立って作業をするのに楽ですが、土をかきまぜる作用は良くありません。形や大きさなど、地域や個人によりちがいがあります。

長さ162mm・高さ130mm・奥行き179mm

  • 除草機1
  • 除草機2
中耕除草機 (ちゅうこうじょそうき)

明治時代に発明された手おしの草取り機です。とげのような鉄の歯がたくさんついている丸い形をしたものを柄の先に付けて、稲と稲の間をおしていくと草が取れます。これは、雁爪を回転式に改良したものです。正条植えとともに広がりました。

長さ157mm・高さ834mm・奥行き1310mm

コラム 朝飯前に馬の朝飯かり

草刈り2

昭和30年ごろまでは牛や馬を多くかっていたので、農家では「朝草かり」をしていました。山や畑の草を草かりがまでかってきて、家ちくのえさにします。夏のさかりの仕事ですから、暑くなる前の、まだ朝つゆの残る早朝に行います。いわゆる朝飯前の仕事です。

水かん理

施肥 (せひ)