虫追い飛んで火にいる夏の虫

虫追い

ざっ草と同じく手を焼いたものに害虫があります。浮塵子 (うんか) 、螟虫 (めいちゅう) 、二化螟虫 (にかめいちゅう) 、横這 (よこばい) など多くの害虫があり、蝗 (いなむし) とよばれてきました。毎年夏には、害虫たい治の行事である虫追いをしました。今でも、その行事がのこっている地域があります。

近世後期には油を使用した害虫退治の方法が発明されました。田んぼに鯨油 (げいゆ) や菜種油 (なたねあぶら) などを入れ、油が一面に広がるのを待ちます。その後、長いぼうやささで稲 (いね) の葉を静かにはらうと、虫は油に落ちて死にます。

写真提供:芳賀ライブラリー

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 提灯1
  • 提灯2
提灯 (ちょうちん)

紙と竹で作った丸い形の中ににロウソクを入れていますから、少しぐらい風がふいても消えません。夜道を明るく照らします。

長さ280mm・高さ370mm・奥行き230mm

コラム 虫送り

虫送り

夕ぐれ時に村人が松明や提灯を持ち、鐘 (かね) や太鼓 (たいこ) を鳴らしたり、ほら貝をふきながら「虫追い」ととなえて田んぼの畦 (あぜ) を回り、村境 (むらざかい) へ害虫を送り出す行事です。地方によりさまざまなスタイルがありました。

夏の夜、電気を消してろうそくの火をつけると、「飛んで火に入る夏の虫」が焼け死ぬのを見ることがあります。これが虫追いのヒントだったのかもしれません。

施肥 (せひ)

中干し (なかぼし) と開花