中干し (なかぼし) と開花日照りに不作なし

出穂

夏の暑いさかりに田んぼの水を出して、土にひびが入るまでかわかすのが中干しです。約1週間ぐらい行います。稲 (いね) は水を求めて根をはるので、ひ料が取りこまれやすくなります。

中干しのころにはもみができ、もみの集まりである穂 (ほ) が出てきます。これを出穂 (しゅっすい) と言います。稲は穂を出すとすぐに開花し、受粉します。受粉により、もみの中では胚 (はい) ができ、養分をデンプンにしてもみにたくわえるので、日ごとに大きくなります。これが私たちが食べるお米です。晴れて暑い日が続くとおいしいお米ができます。人間にとってはきびしい暑さも、稲にとってはめぐみです。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 菅笠1
  • 菅笠2
菅笠 (すげがさ)

田んぼの見回り用のぼうしです。暑い日ざしをさえぎります。案山子 (かかし) にかぶせると、ぐっと強そうになります。

長さ467mm・高さ180mm・奥行き467mm

コラム 稲の花

稲の花

稲は晴れた日の午前中に白い花をさかせます。1本の穂には、約100ぐらいの花が付いていて、穂の先からさきます。全部がさき終わるまでに、1週間ぐらいかかります。少しずつ花をさかせるのは、少しでも多くの種をつける工夫です。花をきずつけるので、この時期は田んぼには入れません。

虫追い

稲刈り (いねかり)