乾燥・運搬 (かんそう・うんぱん)稲揚げ (いねあげ)

稲揚げ

たばねた稲は稲架 (はざ) にかけて2週間ていど、天日 (太陽光線) と風によって乾燥させます。この自然乾燥を稲架掛け (はざかけ) と言います。稲掛 (いねかけ) 、稲架 (とうか) など、地方によってさまざまなよび方があります。また、一本のくいに稲のたばを積んで干す方法は穂鳰 (ほにお) と言います。

かり取ってすぐのもみの水分は20〜25%です。このままでは水分が多すぎて米がいたんでしまうので15%ぐらいになるまで乾燥させます。また、乾燥によって固くなり、もみすりのときにくだけにくくなります。

乾燥が終わると脱穀 (だっこく) する所まで稲を運びます。この稲運びのことを「稲揚げ」と言います。日の短い秋、荷車などですばやく、しかももみを落とさないように気をつけて運ばなければなりませんでした。

写真提供:芳賀ライブラリー

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

二人もっこ 稲の花

稲やたいひを、二人で運びます。もっことは、持かごの「もちこ」が変化した言葉だと言われています。他にもかごのようにした木になわをまき、ワラでせ中当てを付けた、一人用のせ負いもっこもあります。

写真提供:
渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」
(秋田文化出版刊)

  • 田舟1
  • 田舟2
荷車 (にぐるま)

に物を乗せて運ぶもので、稲やひ料、米などを大量に運びました。

長さ852mm・高さ810mm・奥行き3570mm

コラム 太陽がおいしくする

太陽がおいしくする

天日と風でじっくりとお米を乾燥させるのは、かり取られた稲からお米に栄養分が送りこまれ、おいしさがふえるためとも言われています。また、乾燥させることにより長い間ねばりやつや、うまみをたもつことができます。

稲刈り (いねかり)

脱穀 (だっこく)