脱穀 (だっこく)粒粒辛苦 (りゅうりゅうしんく)

脱穀

乾燥 (かんそう) させた稲 (いね) の穂先 (ほさき) から籾 (もみ) を落とす作業を脱穀 (だっこく) と言います。稲扱き (いねこき) とも言われています。人びとは仕事がうまくはかどるように、脱穀にもさまざまな工夫をこらしてきました。

近世前期には竹で作った扱き箸 (こきはし) が使われていました。竹を箸のようにした道具で、一日にもみを取る量は男性が12束 (たば) 、女性が9束ぐらいだったそうです。

千歯扱き (せんばこき) は元禄年間 (げんろくねんかん=今から330年ほど前) に発明された画期的な農具です。最初は麦を脱穀するための竹でできた歯でしたが、やがて鉄の歯に改良され、稲の脱穀用として広がりました。鉄の歯のすき間に稲の穂先を入れて、引きぬくともみだけが落ちます。もみが付いたままの小さな穂先が出るので、さらに唐棹 (からさお) という道具で何度もたたいてもみを分けます。粒々辛苦と言って、一粒 (つぶ) 一粒が苦労して育てたもみなので、むだにはできません。

その後、足踏脱穀機 (あしぶみだっこくき) 、動力脱穀機と発達していきます。1時間でできる脱穀の量は千歯扱きで約45把 (わ) 、足踏脱穀機で約250把〜300把、動力脱穀機では600把以上と言われています。昔の10倍以上ですね。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 扱き管
扱き管 (こきくだ)

約7cmぐらいの2本の竹の管をワラなどでつないだものです。右手に二本の管をにぎり、短い方に親指、長い方に人差し指をあて、穂を1本ずつはさんでもみをもぎ取ります。

写真提供:芳賀ライブラリー

  • 唐棹1
  • 唐棹2
唐棹 (からさお)

木や竹の先に取りつけたぼうや板を回転させ、麦や稲をたたいて脱穀します。からさ・くるりともよばれていました。千歯扱きで脱穀しきれなかったものを脱穀します。

長さ58mm・高さ2255mm・奥行き135mm

  • 扱き箸1
  • 扱き箸2
扱き箸 (こきはし)

竹ぼうの一方をワラなどで結び、その間に穂先をくぐらせて籾を落とします。扱き竹とも言いました。割った竹を用いる場合と丸竹のままの場合があったようです。もう少し長いものを二人で用いる方法があって、大コハシとよばれていました。

長さ484mm・高さ36mm・奥行き35mmm

  • 千歯扱き1
  • 千歯扱き2
千歯扱き (せんばこき)

たくさんの歯を上向きに並べ、歯と歯のすき間にはさみこみ、引いて脱穀する農具です。歯が多くあるから千歯扱き、千把 (せんば) もこく事ができるので千把扱きとよばれたとも言われています。歯の数は実さいは1000本もなく19本、23本、25本などでした。

歯と歯のすき間は、約2〜3mmです。江戸時代の歯は長方形でしたが、明治時代には台形となります。その後、半円形、三角形と改良されます。すき間に稲がつまらないように工夫を重ねました。また、並べ方も湾曲形 (わんきょくがた) にして、稲束を広げ、扱手 (こきて) からそれぞれの歯までのきょりが同じになるように工夫をしています。

千歯扱きの産地では釘 (くぎ) も生産していたので、鉄歯作りは釘作りのぎじゅつがもとになったものと考えられています。千歯鍛冶 (せんばかじ) は全国各地をおとずれてしゅう理をしました。また、商人といっしょに「直しと行商」のスタイルを作りました。こうした行商により日本中の村々に千歯扱きが広まるようになりました。大正時代に回転式の足踏脱穀機が出てくるまでの約200年間、広く使われました。

長さ727mm・高さ655mm・奥行き1055mm

  • 足踏脱穀機1
  • 足踏脱穀機2
足踏脱穀機 (あしぶみだっこくき)

直径約40〜60cmの丸いつつの形をした扱胴 (こきどう) とよばれるものに、三角になるように多くのはり金を取り付けたもので、ふみ板を足でふむと回転します。稲穂を持ち、穂先を扱胴に当てると、回転している三角の歯によって脱穀されます。一度にたくさん入れると稲穂がからまり、引き込まれそうになります。その後、全体の型や扱き歯などが改良されて、大正時代に急速に広がりました。稲を当てる場所によって上こき式と下こき式があり、またこく人数によって一人こきと二人こきがありました。

長さ684mm・高さ660mm・奥行き739mm

動力脱穀機 (どうりょくだっこくき) 農工用石油発動機

やがて石油発動機 (せきゆはつどうき=とう油で動くエンジン) が出てくると足ぶみ式は動力脱穀機となりました。石油発動機と脱穀機をベルトでつなぎます。稲穂を両手に持ち、穂先を当てて脱穀します。こき落とされた後のワラくずは、送風機により選別されます。昭和初期から広がり始め、昭和40年ごろまで使用されました。機械のねだんが高いので共同購入 (きょうどうこうにゅう=いくつかの家でお金を出し合って買うこと) することが多かったようです。

自脱形コンバイン

その後、こき口に入ってきた稲は、チェーンで自動的に運ばれながら脱穀されるようになりました。さらに、動きながら脱穀される機械となり、続いて昭和40年代の初めに稲の刈り取りをする機械と合体させて、コンバインが完成しました。

コラム 自転車に乗った青年のひらめき

自転車に乗った青年のひらめき

200年も続いた千歯扱きを足ぶみ式に変えたのは自転車に乗った一人の青年です。明治40年代に、この青年が自転車で農道を通ったとき、たれ下がっていた稲の穂が自転車のスポークに当たりパラパラともみが飛び散ったのです。青年はここから着想を得て足ぶみ式の「回転式脱穀機」を発明したと伝えられています。

(回転式脱穀機を発明した人については「くぼたのたんぼ・たんぼのヒーロー物語・瑞穂国の伝説」でもしょうかいしています。)

乾燥・運搬 (かんそう・うんぱん)

籾 (もみ) の選別