籾 (もみ) の選別篩 (ふるい) にかける

選別

脱穀 (だっこく) したもみには、稲 (いね) の葉やワラくずがまざっているので、これらを取りのぞくことが必要です。風の力を利用して取りのぞく方法が風選 (ふうせん) です。風がふく時に、もみとワラくずがまざったものを高いところから少しずつ落とします。重いもみは下に落ちますが、軽いワラくずやゴミは風で遠くに飛ばされます。風が無いときは、筵 (むしろ) や団扇 (うちわ) 、農業用扇風機 (のうぎょうようせんぷうき) などで風を起こしました。

明治時代になると手で羽根を回して風を起こし、もみやワラくずなど、重さによって選別する唐箕 (とうみ) という道具が中国から伝えられました。農家に広まったのは大正時代と言われています。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 箕1
  • 箕2
箕 (み)

もみとワラくずを選別する時に使います。横U字型をえがくように動かすなどのコツがあります。また、もみや玄米を運んでたわらにつめたりするときにも使われ、無くてはならない農具でした。竹やふじの木の皮などであまれています。

長さ738mm・高さ197mm・奥行き650mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
籾篩 (もみふるい)

脱穀したもみを中に入れて、両手で持って左右に動かしながらふるいます。もみは、ふるいのあみ目のすき間から落ち、切れた穂やワラくずなどの大きなものはふるいの中にのこります。ふるいによるもみの選別は少しずつしかできず、根気のいる仕事でした。

長さ725mm・高さ135mm・奥行き725mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
淘り板 (ゆすりいた)

上からひもなどでつり下げて、前後などにゆすることによってもみと玄米や、くず米などを選別しました。早く選ぶことができたそうです。

長さ670mm・高さ135mm・奥行き925mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
万石通し (まんごくとおし)

篩 (ふるい) をさらに発てんさせたもので千石通し (せんごくとおし) とも言われました。金あみをはった大きな篩をななめに取り付けて、上からここをすべり落とさせることにより選別します。あみ目より小さいものはすぐに下に落ち、大きいものはさいごまで進んで落ちます。

もみと玄米の選別や、玄米中のくず米やくだけ米を取りのぞくなど、あみや角度を替えてさまざまな選別に利用されました。

長さ700mm・高さ1250mm・奥行き1460mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
農業用扇風機 (のうぎょうようせんぷうき)

手で回す扇風機です。羽根が大がたで、かなり強い風を起こすことができます。農作業の合間に、すずむためにも利用していたのでしょうね。

長さ730mm・高さ1070mm・奥行き480mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
唐箕 (とうみ)

風の力でさまざまな選別ができる便利な農具です。もみや玄米などを入れる三角形の漏斗 (ろうと) 、手回しハンドルで羽根車を回転させて風を送る起風どう、選別風どう、そして選別口からできています。

漏斗から落ちた物は、起風どうで作られた風により、重さによって選別されます。例えば第一口には玄米やもみのような重い物、第二口には軽いくず米など、そしてふき出し口はワラくずやもみがらなどの軽い物が出されます。羽根は一定の速さで回さないと選別にむらが出ます。

東日本型と西日本型があるほか、地域によって形が変わります。西日本の唐箕は全体として横長で支えるあしが4本ですが、東日本ではたて長で多きゃく型となります。羽根の材しつや回転を助ける歯車などによって、小型化したようです。写真のものは西日本型です。

長さ1670mm・高さ1380mm・奥行き567mm

唐箕 (とうみ) 断面図

コラム 箕 (み) とかぐや姫

かぐや姫

1日で80〜100cmも成長するのに中は空洞になっている竹は、昔から不思議なパワーを秘めている植物とみなされてきました。月のお姫様・かぐや姫も竹から生まれます。この竹で作られる箕 (み) もまたえん起の良いものとして、かざり物としても愛用されました。

脱穀 (だっこく)

籾摺り (もみすり)