籾摺り (もみすり)くだけ米も家内で使う

籾摺り

脱穀 (だっこく) を終えると次は籾摺りです。籾摺りはもみから籾殻 (もみがら) を取りのぞいて玄米にする作業です。弥生時代は竪臼 (たてうす) にもみを入れて竪杵 (たてぎね) を使って行っていました。その後、木摺臼 (きずりうす) や土臼 (どうす) が使用されました。古来からの杵搗き (きねつき) 作業による半搗米 (はんつきまい) の食習かんが、臼の登場によって籾摺りと精米 (せいまい) の2作業に分かれて、白米が食べられるようになりました。

もみが十分にかんそうしていないと、臼ひき中に、もみがくだけます。籾摺りでは、もみがくだけることは大問題で、木摺臼と土臼の両方を使いながら、さまざまな工夫をしました。土臼は仕事がはかどるけれども、くだけ米が多く、精白するときにもそんになると言われていたようです。しかし、くだけたお米もむだにせず、家での食用にしました。

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 木摺臼1
  • 木摺臼2
木摺臼 (きずりうす)

木で作られており、動かせる上臼と、固定された下臼に分かれています。上臼と下臼がこすれ合うことによって、もみがらを取りのぞきます。臼の中心から外に向かって浅いみぞがほってあります。上臼を左右に回し続けると、わきから玄米がこぼれてきます。土臼にくらべてやわらかいため、くだけ米が少ないのが特長です。

長さ580mm・高さ280mm・奥行き580mm

  • 土臼1
  • 土臼2
土臼・唐臼 (どうす・からうす)

木摺臼と土臼は形の上ではあまり違いはありません。木摺臼は引きあみで回転させるのに対し、土臼は遣り木 (やりき) によって回転させました。

竹かごの中に土などを入れて上下の臼を作ります。籾摺りをするときは、一人が箕 (み) などでもみを入れます。もみから下臼の上部に落とし、2〜3人で上臼を回します。回転する上臼と固定されている下臼がこすれ合うことによって籾摺りをします。玄米ともみがらは臼の外に出されます。唐臼ともよばれ、元禄時代 (げんろくじだい=今から330年ほど前) に中国から伝わったと言われています。

土臼による臼ひきは重労働だったのと、ひく人数が何人かのため、調子を合わせるためにも、この作業をしながら「臼ひき唄 (うた) 」を歌いました。

長さ560mm・高さ630mm・奥行き560mm

コラム 全自動籾摺り機の仕組み

籾摺り機

けものをおびやかす鹿威し (ししおどし) を使ったものです。水そうに水がたまって重くなると、反対側の先のきねを持ち上げます。かたむきが大きくなると水はこぼれ、持ち上がっていたきねは下に落ち、臼に入っているものをつきます。300年以上も前の電気がない時代も、こうした工夫により自動化がなされていたんですね。

籾 (もみ) の選別

精米 (せいまい)