藁細工 (わらざいく)稲はすてるところなし

精米

ワラは、かざり物やなわ、草履 (ぞうり) などのはき物、簑 (みの) などの衣類、筵 (むしろ) や米俵 (こめだわら) 、もっこなどのさまざまな生活用品になります。それがこわれて、燃やしてしまうと灰になり、ひ料となります。すてるところはありません。

多くのワラ細工はまずワラ打ち作業からはじまります。ワラを打つと全体がやわらかくなり、細工がしやすく、しかもじょうぶになります。ワラを打つときは、ワラ打ち石にたばねたワラを乗せ、木でできた槌 (つち) というものでたたきます。ワラ打ち石は土間などのかたすみに半分くらいうめられ、動かないようになっています。

写真提供: 芳賀ライブラリー

伝統農具 (でんとうのうぐ) のしょうかい

  • 木摺臼1
  • 木摺臼2
槌 (つち)

ワラを打つときの槌で、木でできています。手作りですから、一つひとつちがった形になっています。

長さ104mm・高さ300mm・奥行き100mm

コラム ワラ打ち石はなぜ丸い?

藁打ち石

重さ1kg以上もある槌でワラを何度も打ってやわらかくするのは大変な仕事です。そこで考えだされたのが丸みのあるワラ打ち石です。どんな角度からワラを打っても、槌をはね返してくれるので、槌をふり上げるのが楽になります。リズミカルに、できるんですよ。

精米 (せいまい)

収穫 (しゅうかく) への感謝 (かんしゃ)