収穫 (しゅうかく) への感謝 (かんしゃ)案山子揚げ (かかしあげ)

写真提供:芳賀ライブラリー

一年のしゅうかくを終えると、田んぼに半年間立っていた案山子を庭に運んで餅 (もち) をそなえます。これが案山子揚げです。

正月には農具を座敷 (ざしき) にならべて、餅などをそなえました。稲 (いね) を育てていくには、多くの仕事があり、どれも重労働です。作業がうまくはかどるように、たくさんの農具を使います。お米がとれた時には、ほっとした気持ちと、いっしょにはたらいてくれた農具への感謝の気持ちがあったのでしょう。

トラクター

藁細工 (わらざいく)