米作り5日おきウォッチング米作りの流れとポイント

動画でしょうかいしています

前年の秋

種もみのかり
取りと保ぞん

4月

とこ土作り

あぜぬり

田起こし

土入れ

塩水選・消毒

浸種 (しんしゅ)

5月

種まき・
なわ代田へのい動

発芽

育苗器

除覆 (じょふく)

水のかくほ

水の機のう

代かき

6月

田植え

深水かん理

じょ草ざいの散ぷ

あぜの草かり

水とひ料

分けつ

7月

中こうじょ草

みぞ切り

ほう水じょうたいへ

害虫

中干し (なかぼし)

いもち病

8月

ほごえさんぷ

日照り

冷害

光合成

出すい

開花

9月

とうじゅく

台風

倒伏 (とうふく)

スズメ

落水

おう金色のかがやき

10月

かり取り・だっこく

はさかけ

もみすり

せい米

すい飯

いただきます

ここでは、米作りのき本的な流れとポイントについて、さまざまなトピックスとともにしょうかいします。
春に田植えをして、秋になると稲 (いね) かりをするのが米作りのき本です。その理由は、お米は夏の太陽エネルギーを利用して作られるからです。

稲は太陽エネルギーを利用して光合成を行い、デンプンとしてたくわえます。これが、お米となります。お米をたくさん取るためには、
稲穂 (いなほ) に花がさいて、デンプンをたくわえる時期に、光合成がさかんとなるよう、また真夏に花がさくように育てます。
種まきや田植えなどの作業スケジュールは、これをもとにして決定されます。

お米をたくさん取るために、色々な道具や機械も使われています。また、塩水を使った選別をはじめとした知えと工夫、
病害虫や台風などの対さくなど、さまざまなトピックスもしょうかいしています。
また、種まきの後、苗・稲の成長のようすを5日おきに写真でしょうかいしています。

  • ここでしょうかいしている日付は奈良県において実さいに苗・稲をさつえいした日付です。
    米作りのスケジュールは、他の所や米の種類によってちがいます。
  • 5日おきにさつえいした苗・稲は、さつえい後、田んぼにうえ直しています。

 

種もみのかり取りと保ぞん