(前年) 10月15日種もみのかり取りと保ぞん

  • 種籾1
  • 種籾2
  • 種籾3

種もみとは、稲(いね)の種のことです。この種もみをとるために、田んぼの中でもできの良い稲を選んで、人の手でていねいにかり取ります。
自分の田んぼの稲から種もみを取る方法を「自家採取(じかさいしゅ)」といいます。

千歯こき こき管
千歯こき こき管

かり取った稲の穂 (ほ) からもみをとる「だっこく」という作業では、足ぶみ脱だっこく機や動力だっこく機が使われていた時代も、種もみだけは千歯こきという道具を使って、ていねいにだっこくしたそうです。
では、千歯こきの前の時代はというと、「こき管 (こきくだ) 」という道具を使っていたそうです。このように種もみは、できるだけ手間をかけて、ていねいに取りました。

今ではコンバインという機械を使っていますが、その時には、決してもみをいためないように、機械の回転を低くします。
その後、かんそうした倉庫に大切に保ぞんします。

また、種もみをせん門にさいばいする「採取農場(さいしゅのうじょう)」とよばれている所から買うこともあります。
自家採取をする場合にも、数年おきに採取農場から種もみを買います。
それは、自家採取をくり返すと、他の種がまざったり、伝せん病がうつったりして品種がおとろえていくことをふせぐためです。

米作り5日おきウォッチング TOP

とこ土作り