4月1日とこ土作り

  • 床土作り1
  • 床土作り2

とこ土とは、苗を育てるための土のことです。じょうぶな苗を育てるには良いとこ土が必要です。良いとこ土は、通気せいや水はけが良く、病気がでない土です。同じせいしつの土が多く必要になります。稲の苗を育てるせん用の土を買う場合もあります。自分で用意する場合は、種まきの一ヶ月ぐらい前に、とこ土作りを行います。土に燻炭 (くんたん=もみがらを焼いて黒くなった物) やひ料をまぜて作ります。

床土作り2
  1. 採土 (さいど)
    田んぼの土、畑の土、山や林の土を取ります。
  2. かんそう
    ふるい (粒の大きさによってわける道具) にかけるために、かんそうさせます。
  3. 篩選 (ふるいせん)
    ふるいという道具を使って土のつぶの大きさをそろえます。土のせいしつによって、約2mm〜5mmぐらいの細かさにします。田植機で植え付ける時に、ちょうど良いねばりを持つ土にすることがポイントです。土のつぶが大きくねばりが強すぎると田植機の植え付けるつめに付いて、きれいに植えられません。反対にねばりが弱すぎると、土がこぼれたり、根がばらけたりします。 ねばりが高い場合にはすなや、くん炭をまぜます。くん炭をまぜると水もちもよくなります。反対の時には、完じゅくたい肥 (かんじゅくたいひ) などをまぜて調整します。
  4. 土じょうさん度調整 (pH4.5~5.5に調整)
    苗は、さんせいの土を好みます。pH (※) 4.5〜5.5が最てきです。pH5.5以上になると生育が不良となったり、病気が出やすくなります。また、pH4.5以下になると、弱々しい苗になってしまいます。そこで、土のpHをはかって、土壌改良材 (どじょうかいりょうざい) やさん化剤 (さんかざい) をまぜて調整します。
  5. 施肥 (せひ)
    施肥とはひ料をほどこすことです。ひ料としてチッソ、リンサン、カリなどをまぜます。
  6. 消毒 (しょうどく)
    土の病害のよぼう、害虫をふせぐ目てきで、薬を使って消毒します。

 

※pH (ピーエイチ、ペーハー) は、水そイオン指数とよばれ、さんせいやアルカリせいの強さを数ちで表したものです。
値 (あたい) は0から14まであり、7が中せいです。
7より小さくなるほどさんせいが強く、7より大きくなるほどアルカリせいが強くなります。

種もみのかり取りと保ぞん

あぜぬり