4月6日あぜぬり

あぜぬりは、田んぼの水が外にもれないようにするため、土をねって、田んぼを取り囲んでいる土のかべにぬり付ける作業のことです。小さなヒビや、モグラやケラが開けたあなから水がもれるのをふせぎます。水がもれると、稲が育ちにくくなるなるだけではなく、薬やひ料のききめも悪くなります。あぜぬりは、人がくわを使ってすることもありますが、トラクタと呼ばれる農業機械が使われています。

  • 牽引 牛
  • 牽引 馬

■トラクタとは
トラクタはトレーラーや道路機械・農業機械などを引っぱる動力車のことです。米作りでは、農作業の目的に合った道具・用具を取り付け、引くことで作業を行います。むかしは牛や馬に引かせていましたが、いまではトラクタがその役わりをしています。

■PTOとは
PTOは作業をする道具や用具に力を伝えるそう置です。

トラクタ

トラクタは取り付けた作業機を引っぱるだけでなく、農作業に応じて作業機を回転させたり、上下に動かしたりしながら作業を行います。これは、エンジンのパワーを、走行のためだけではなく、取り付けた作業機に伝えるそう置が付けられているからです。このそう置をPTO (Power Take Off) と言います。

PTO変速

農作業に応じて工夫された作業機を取り付け、PTOで動かすことにより、トラクタは米作りのなかで、さまざまなを役わりをにないます。

  • 畦切り爪
  • 回転

あぜぬりは、田植えの1〜2ヶ月前に行います。田んぼに水がたまっている場合は、水を抜いて、ちょうど良いしめりになるまでかわかせます。手で土をにぎってみて、ほど良く固まるぐらいが目安です。草やワラ、石などはあらかじめ取りのぞきます。
あぜぬり機の前にあるあぜ切りづめが回転して、あぜの土を、上から下に細かくくだきながらけずります。

  • ディスク
  • 回転 押す

ディスクと呼ばれる三角すいの金ぞくが下から上向きに回転し、細かくくだかれた土を押し付けて、固くしまったじょうぶなあぜを作ります。土が細かくくだかれているため、すき間の無いあぜができます。

  • 畦塗り作業の開始1
  • 畦塗り作業の開始2

あぜぬり作業の開始です。

  • 作業中トラクタ1
  • 作業中トラクタ2

作業の速さは時速約0.2〜1kmです。ゆっくりとていねいに作業するために、トラクタは1秒間に約6cm、時速0.2kmという、かなり低い速さで走行することができるようになっています。

  • 作業中トラクタ3

あぜぬり機を使うことによって、あぜぬりの作業は速く、ていねいにできるようになりました。

とこ土作り

田起こし