4月16日田起こし

田起こし

田起こしとは、田んぼの土を細かくくだいてほり起こす作業のことを言います。
明治の初めまでは、一年中水が多くふくまれた「しつ田」と呼ばれる田がほとんどでした。
いま、私たちが目にする田んぼの多くは「かん田」と言われるもので、稲かりの後は水がありません。
これは、秋に田んぼの水を抜いてかわかし、春になったら田を深くたがやして、土地が作物を育てるのう力 (地力) を高め、収かくをふやすためです。
田起こしには、次のような目的があります。

  1. 土をかわかす
    土がかわくと、作物を成長させるためのひ料がふえます。もともと土にふくまれるひ料は、植物がきゅうしゅうしにくい形になっています。
    土がかわくと、土の中に住んでいる微生物 (びせいぶつ) のはたらきによって分かいが進み、植物がきゅうしゅうしやすいひ料に変化します。これを「乾土効果」と言います。
    また、土を起こしてかわかすと、土が空気をたくさんふくむので、土がやわらかくなり、稲を植えたときに根が良く成長します。
    深くたがやすほどたくさん収かくができます。
  2. ひ料をまぜこむ
    ひ料をまいてから田起こしをすれば、土にひ料をまんべんなくまぜこむことができます。
  3. ゆうき物をすきこむ

    稲の切りかぶやかり草、レンゲなどを土の中にとりこむことができます。
    これらは、び生物やミミズなどが分かいして、植物の養分を作り出します。
    これがひ料と言われているものです。
    ひ料の中には、ひ料の三要そであるチッソ、リンサン、カリをはじめとして、稲の成長に必要な養分もふくまれています。

    • 有機物を鋤き込む1
    • 有機物を鋤き込む2
  4. 土をくだいて団粒化 (だんりゅうか) する

    細かくくだいた土と、植物がくさってできた物である「腐植 (ふしょく) 」がくっついて、直径1〜10mmの小つぶになったものを「団粒構造 (だんりゅうこうぞう) 」と言います。

    • 土を砕いて団粒化する

     

    団粒構造ってすごいんですね!

    • 団粒構造1
      ふつうの土は、つぶの間に小さなすき間があるだけです。
    • 団粒構造2
      植物がくさって、腐植と言うものになります。
    • 団粒構造3
      腐植と土の粒は、やわらかくくっつきます。
    • 団粒構造4
      び生物は腐植を食べて、すなやねん土のつぶ同士をくっつけるノリのような物を出します。ミミズは腐植や土を食べ、カルシウムたっぷりの、ゆうき物と土との混合物を出します。
    • 団粒構造5
      植物の根やミミズの動きも団粒化に役立ちます。
    • 団粒構造6
      団粒構造になった土は、水はけや空気が通りやすくなります。一方、直径1〜10mmの小つぶである団粒は水やひ料をよくためるので、水もちやひ料もちが良くなります。このように、稲が成長するのにとてもふさわしい土となります。
  5. ざっ草をふせぐ
    ざっ草は、おもに地表の下1〜3cmのところから発芽します。
    田起こしをして、ざっ草の種を深くうめることにより、ざっ草がはえるのをふせぐことができます。

あぜぬり

土入れ