4月25日塩水選 (えんすいせん)・消毒

塩水選とは、塩水を使って、中身のつまった良い種もみを選ぶことです。種もみの中身は、おもに「胚乳 (はいにゅう) 」というものでできています。はいにゅうは、芽が出て育つ時のえいようとなっていますので、このはいにゅうが多い種を選びます。

籾

しかし、見ただけでは、はいにゅうが多いか少ないか、わかりません。そこで、塩水選と言って、もみを塩水につけます。はいにゅうが多いもみは重く、塩水につけたときにしずみます。うき上がった軽いもみを取りのぞき、底にしずんだ重いもみを種もみとします。

塩水選1

塩水選は、明治時代 (=今から150年ほど前) に開発された方法で、これだけで米のとれ高が一割もふえたと言われています。

  • 床土作り1
  • 床土作り2

まず、種もみについているヒゲのような芒 (のぎ) を取りのぞきます。芒があると、種まき機に引っかかってしまい、ムラができてしまいます。脱芒機 (だつぼうき) という機械を使って取りのぞきますが、少ない場合は種もみ用のネットに入れて、手ぶくろをしてもむと取りのぞくことができます。

  • 種籾1
  • 種籾2
  • 種籾3
升

種もみとなるもとのもみを、升 (ます) を使ってバケツにうつします。この升は一升 (1.8リットル) 入る一升升 (いっしょうます) です。

塩水選2

塩水選をする前に、真水によって選別します。バケツにホースで水を入れ、ぐるぐるかきまぜます。

  • 塩水選3
  • 塩水選4

まだ真水なのに、かなりの量のもみがうき上がっています。

塩水選5

ういたもみを取りのぞきます。真水での作業をもう一度くり返してから、塩水による作業へとうつります。稲の病気であるいもち病やばか苗病にかかっているもみも軽くなっており、塩水選でかなり取りのぞくことができます。

土入れ

浸種 (しんしゅ)