4月27日~29日浸種 (しんしゅ)

浸種とは、種もみが発芽するように、必要な水分をきゅうしゅうさせる作業です。

種籾

種もみは水分が13%以上になると、細ぼうの分れつやしん長が始まります。また、水分をきゅうしゅうすると、はいにゅうの中のデンプンが分かいされてブドウとうとなり、新しい細ぼうを作ったり、こきゅうをするエネルギーとなって発芽が進みます。
種を水につけておく日数は、水温によってことなります。水温×日数を積算温度 (せきさんおんど) と言います。種もみの場合、発芽に必要な積算温度は100度となっています。水温が15度であれば、100÷15で7日間、水温が12度なら、100÷12で8日間が目安となります。
水温は高いほど早く水を吸い上げて、芽が出るのが早まります。しかし、急に水を吸い上げるため、ムラができやすくなりますので、あまり高い温度は良くありません。
水温が低ければ、長時間かけて水を吸いますから、発芽のムラは少なくなります。このため、低温が望ましいと言えますが、あまり低い温度では芽が出ません。この条件を満たすために地下水、河川水、ため池水などを使う場合もあります。小さなため池などでは、水面に近い水は気温が上がるにつれて水温が上がるので、深めの所につるします。

塩水選・消毒

種まき・なわ代田へのい動