5月1日種まき・なわ代田へのい動

5日おきウォッチング スタート!

  • 稲 実寸大稲 拡大

浸種 (しんしゅ) が終わった種もみは、ゴザやムシロというシートのようなものに広げて、8時間ほど風でかわかします。次の日、土入れが終わっている育苗箱に、この種もみをまきます。ここでは田植機で植える時に、きれいにそろって植えることができるように、きっちりとまくことが大切となります。

ベルトコンベア式の播種機

ここでは、ベルトコンベア式のは種機を利用した種まきと、種をまいた後の育苗箱をなわ代田に並べてビニールトンネルでほ温して育てる「保護苗代 (ほごなわしろ) 」をしょうかいします。

  • 浸種を完了して乾燥させた種籾
    浸種を終えて、かんそうさせた種もみが用意されています。
  • 播種機
    は種機に、水道のホースをつなぎます。
  • 播種ホッパ
    は種ホッパと呼ばれる所に、種もみを入れます。
  • 土ホッパ1
    土ホッパに、覆土 (ふくど=種の上にかける土) 用の土を入れます。
  • ベルトコンベア
    フレームに、とこ土を入れた育苗箱を置きます。下のベルトコンベアで育苗箱が動きます。
  • 床土
    まず、とこ土に水をそそぎます。
種籾1
種籾2
種籾3
種籾4

は種ホッパから種もみが落下し、種もみがそろってまかれます。

  • 土ホッパ2
    種もみがまかれた育苗箱は、土ホッパの下へとい動します。次に、土ホッパから土が落下し、種もみの上に土がまかれます。
  • 回転式土均しブラシ
    回転ブラシが、きれいに土をならします。
  • 覆土
    覆土は、種もみがかわくのをふせぎますが、土の量が多すぎると、芽が出られなくなるので、ちょうど良い土の量に調整します。

浸種 (しんしゅ)

5日目・発芽