5月16日 (種まきから15日目)ビニールトンネルの除覆 (じょふく=トンネルをとりのぞく)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 稲の写真苗 (なえ) の写真

 

5月でも、まだ少し寒いですね。

ビニールトンネルをはずす

少しずつあたたかくなり、ほ温の必要がなくなるとビニールトンネルをはずします。苗どこでの高い温度や、ビニールトンネルの中での光不足などによって、苗がやわらかくなったり、のびすぎたりします。このような苗は、葉も根も弱くなりがちです。
そこでトンネルをはずし、がっちりとした苗に育てます。少し低い気温にあて、のびすぎをおさえて、固くてしまりのある良い苗にします。

苗

ところが、春先は天こうが不安定です。あたたかい日が続いたり、寒い日がきたりします。稲の葉は15度、根は12度を下まわると生長は停止すると言われています。そこで、これより低温になった場合には、水につけて、苗を守ります。
お米のできぐ合は苗のできに大きく左右されるため、良い苗を育てれば米作りの半分は成功という意味で、むかしから「苗半作 (なえはんさく) 」「苗代半作 (なわしろはんさく) 」と言われているほどです。

10日目・育苗器

20日目・水のかくほ