5月21日 (種まきから20日目)水のかくほ

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 苗の写真苗 (なえ) の写真

田んぼ作りの第一歩は、水をかくほすることです。米作りには、たくさんの水が必要となります。日本は雨がとても多い国です。1年間の平均降雨量は約2000mmで、世界の平均約900mmの2倍以上にもなっています。それでも、雨水だけでは水が足りません。そこで、川の水を田んぼに引くために用水路を作ったり、ときには川の流れを変えたりして、水をかくほするようにしてきました。

ビニールトンネルをはずす

また、人工の池であるた池を作りました。米作りをしていない時に、川の水や、つゆの時の雨水をためておきます。高い所にため池を作り、高い所の田んぼから低い所の田んぼへ、順番に水を流していきます。。

水路1
水路2
水路3
水路4

ため池の水門を開くと、水が水路を流れていきます。

田んぼ3
田んぼ4

地いきのすべての田んぼに水を引くことができるようになっています。

溜池

低い所の田んぼの近くにも、小さなため池が作られています。

パイプライン1
パイプライン2

また、農業用のパイプライン (=土にうめている水が通る大きな管) で、各田んぼに水を配っていることもあります。パイプラインは、ほとんどが土にうもれています。見えない所でがんばっているんですね。

水の

低い所の川の水を高い田んぼにあげるには、さまざまな工夫をしていました。たとえば、用水路の一か所に、堰板 (せきいた) と土で固めた部屋を作って、そこに水をためます。部屋の下に流れてきた水は、いっぱいになると、その高さの分だけ用水の水が上から出ていくというような工夫がされました。
また、おけや踏車 (ふみぐるま) などの道具を使って水をあげましたが、今ではポンプなどを使って水をくみ上げています。
あぜぬり、田起こしと田んぼのじゅんびをしてきました。次は代かきという作業を行いますが、この時にも水が必要です。そこで、この時期に田んぼに水を入れます。

15日目・除覆 (じょふく)

25日目・水の機のう